DNPが店頭のマーケティング効果をシミュレーションする「AI売上予測システム」拡充

店頭POPの色使いやフォントの大きさ・太さなど複数の要素を加味した商品棚作りに対応

大日本印刷(DNP)は、店頭のマーケティング施策の効果をAI(人工知能)で事前にシミュレーションする「AI売上予測システム」の精度を高めるとともに機能を拡充した、と3月31日発表した。購入を促す店頭のPOP広告の色使い、フォントの大きさ・太さといったデザインなど複数の要素を加味した商品棚作りのシミュレーションと売り上げ予測を可能にした。

家庭用品のマーケティング・営業を行うユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングと協業。ドラッグストアの店頭にPOPを設置して実証実験し、AIに学習させた。AI売上予測システムは、メーカー向けに発売前の商品の売り上げ予測シミュレーションや小売店でのテストマーケティングを支援する「DNPテストマーケティング支援サービス」の機能。

店頭のPOP広告に関して自社製品の売り上げにつながるデザインや設置効果を定量的に把握したい、とするメーカーのニーズに応え、予測精度向上と機能拡充を図った。AI売上予測システムに、POPに使う背景色、フォントのサイズ・太さといったデザイン要素で販売動向がどう変わるかを予測する機能を組み込んだ。これによってPOPの最適化が実現する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]