文字の読み書きに困難があっても読みやすい字体「じぶんフォント」のプロトタイプ開発

DNPや東京工業大など4者がプロジェクトを結成、ディスレクシアの人の読みにくさ軽減へ

大日本印刷(DNP)は、文字の読み書きに困難がある人でも見やすく読みやすい字体「じぶんフォント」のプロトタイプを開発した、と9月26日発表した。読み書きの困難の特性に合わせ、3種類の形状のフォントを開発した。今後、さまざまな見え方の特性を持つ人たちの協力を受け、より見やすく読みやすいフォントの開発・実用化を勧める。

DNPは東京工業大学、デジタルアクセシビリティ向上ソリューション事業のファシリティジャポン、フォント開発・ウェブフォント配信事業のリアルタイプと連携して「じぶんフォントプロジェクト」を立ち上げた。開発したプロトタイプは、DNPのオリジナル書体「秀英丸ゴシック」がベースで、東京工大の朱心茹・助教の研究に基づいている。

知的能力とは関係なく文字を読むのが困難な学習障害を意味するディスレクシアの人の読みにくさの軽減を主な目的にする。朱心茹・助教は①文字の下部が太い②全体が細め③全体が縦長で太め--のフォントが好まれることを発見。じぶんフォントは3つの特徴を生かした形状にした。プロジェクトでじぶんフォントの評価と改善を繰り返す。

開発した3種の「じぶんフォント」
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]