PPAPなど「非効率で理不尽な社内ルール・習慣」、8割以上が経験・実感あり【アドビ調べ】

ムダな商慣習は「書類への押印・捺印」「紙資料の印刷・配布」「手書きでの記載が必要な書類の作成)」など。
よろしければこちらもご覧ください

アドビは、社内ルールや商習慣に関する実態調査の結果を発表した。ふだんPCを使って仕事をしている全国のビジネスパーソン500名から回答を得ている。

「社内に無駄な商習慣がある」という人が8割以上

まず「社内に無駄な商習慣があるか」(非効率だとわかっていながらも商習慣として続いていることが社内にあるか)を聞くと、「多く存在する」40.8%、「少し存在する」39.8%となり、8割以上が無駄な商習慣を実感していた。

具体的な「無駄だと感じた商習慣」を聞くと、「書類への押印、捺印」58.1%、「紙資料の印刷・配布」52.9%、「手書きでの記載が必要な書類の作成」46.7%が上位だった。

最近批判を浴びている「PPAP」、受け取ったことがあるのは8割以上

一方ここ最近、政府からも改めて無駄が指摘された「パスワード付ZIPファイルの送付」については、「過去一年以内に受け取ったことがある」82%、「自ら送付した」56.6%となり、多くの会社で惰性的に利用されていることが判明した。なお、この手順は「PPAP(P:パスワード付きZIP暗号化ファイルを送り、P:パスワードを別途送り、A:暗号化を行っている、P:プロトコル)」と呼ばれ、最近は批判を受けている。

過去1年間にパスワード付きファイルをメールで送った経験があると回答した283名に、「パスワード付きファイルを使用した理由」を聞くと、「会社の規則やルールで指定されているから」56.2%が最多。「セキュリティ上有意義だと思うから」も4割以上だった。

こうした無駄な商習慣を無くすのに、何が重要だと思うかを聞いたところ、もっとも多かった回答は「経営陣の意識改革」47%、次いで「社内ルールの抜本的見直し」41.4%が特に多く、「自分自身のITリテラシー向上」26%がそれに続いた。

調査概要

  • 【調査対象】会社に勤めており、ふだん仕事でパソコンを利用している全国の男女ビジネスパーソン
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査期間】2020年11月27日~30日
  • 【有効回答数】500人
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイドバー
Webサイトのページ上で、コンテンツエリアとは区別して作られたエリアのこと。ナビ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]