「テレワークでは仕事がはかどらない」と思っている人、他国に比べ日本は非常に多いことが判明【アドビ調べ】

「雑務に時間がかかっている」と思っている人も日本は多い。
よろしければこちらもご覧ください

アドビは、「未来の働き方に関するグローバル調査」の結果を発表した。日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリア、ニュージーランドの7カ国のビジネスパーソン3,404名が回答している。

ワークライフバランスは向上するも、雑務で仕事がはかどらない

まず、コロナ禍により増加したテレワーク活用について、「テレワークによってワークライフバランスは向上しましたか?」と聞くと、グローバル平均では「向上した」85.5%となった。やや数値は下がるが、日本でも「向上した」73.0%に達している。

しかし「オフィス勤務よりテレワークの方が仕事がはかどりますか?」と聞くと、グローバル平均が「そう思う」69.1%なのに対し、日本は42.8%に留まり7カ国中、最低だった。他国は7割前後であったのに対して、かなり低い数値だ。

また「全体の業務時間のなかで雑務にかける時間」についても、ここまで大きな差はないが、日本は、「もっとも雑務に時間をかけている国」であることが明らかとなっている。

日本の特徴の背景を探るため、「作業効率化のためにデジタルツールを導入してほしいタスク」に対する回答を見ると、日本は「紙文書の作成・確認作業」71.0%、「ファイル管理」70.6%、「ファイル検索」62.6%が上位となった。“紙文書・ファイルのデジタル化”がネックになっていることが分かる。

来年にでも転職したい人、日本は4割近く

転職に焦点を当て、「来年の転職意欲」を聞くと、24.7%のドイツから46.2%のニュージーランドまで、7カ国でかなりの幅がある。日本は39.0%と多く、上位3位に入った。

そこで「年収や仕事内容が変わらないとすると、転職したい理由は何ですか?」と聞くと、グローバル平均・日本ともに、「ワークライフバランス」「仕事のスケジュールを自分でコントロールできる」「テレワークが選択できる」などが上位となった。転職したくなる理由自体は国ごとの差はなく共通のようだ。

調査概要

  • 【調査対象】日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリア、ニュージーランドの7カ国で、従業員数1000名以上の企業に勤める男女
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2021年4月30日~5月28日
  • 【有効回答数】3,404人(日本:500人、アメリカ:501人、イギリス:500人、ドイツ:501人、フランス:500人、オーストラリア:502人 、ニュージーランド:400人)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]