日本人の過半数が、Google、Yahoo! Japan、YouTubeを毎月利用【ニールセン調べ】

利用者数上位サービスに大きな変動はなし。アプリの利用者数(リーチ)と利用時間(エンゲージメント)で、ランキングが異なる顔ぶれに。
よろしければこちらもご覧ください

ニールセン デジタルは、2019年の日本におけるインターネットサービスの利用ランキング「Tops of 2019: Digital in Japan」を発表した。トピックとして、以下の3点が紹介されている。

  • トータルデジタルで日本人の過半数が「Google」「Yahoo! Japan」「YouTube」を毎月利用。
  • スマートフォンアプリのリーチ1位は前年に続き「LINE」。2位に「YouTube」が浮上。
  • アプリの利用時間シェアでは、リーチランキングになかった「Instagram」「Facebook」「スマートニュース」などがランクイン。

トータルデジタルのリーチ(利用者数)は「Google」「Yahoo! Japan」「YouTube」がトップ3

2019年の日本におけるトータルデジタルでのリーチ(日本の人口に対する利用者数)トップ10は前年から大きな変動はない。「Google」が56%で2位から1位へ、「Yahoo! JAPAN」は前年同様54%で1位から2位へ、「YouTube」は3位のまま、リーチも変わらず50%だった。トップ3の「Google」「Yahoo! Japan」「YouTube」は、日本人の過半数が毎月(月1回以上)利用していることとなる。

スマートフォンアプリのリーチ1位は前年に続き「LINE」。2位に「YouTube」が浮上

スマートフォンアプリでも大きな変動はないが、1位の「LINE」は前年より2pt伸長し、7年連続トップにもかかわらず、いまだ成長気配を見せている。「YouTube」は前年より5pt伸長し、「Google Maps」を上回って、2位に浮上した。トータルデジタルのなかでも、とくにスマートフォン利用者のリーチが増加したと考えられる。また、「Apple Music」が前年から16pt伸長して、圏外から6位にランクインしている。なお非ITサービスでは、「マクドナルド」が前年同様10位にランクインした。

アプリの利用時間シェアでは、リーチランキングになかった「Instagram」「Facebook」「スマートニュース」などがランクイン

スマートフォンアプリの利用時間では、リーチ同様に1位は「LINE」、2位は「YouTube」だが、3位に「Twitter」が続く。また、リーチランキングになかった「Instagram」「Facebook」「スマートニュース」「メルカリ」がトップ10にランクインしている。

利用者数(リーチ)と利用時間(エンゲージメント)のランキングの顔ぶれは、かなり異なっている。認知を優先するか好意度を優先するか、各企業の戦略が問われるポイントだろう。

調査概要

以下の2つの調査情報データをもとに集計。

・ニールセン デジタルコンテンツ視聴率
・ニールセン モバイル ネットビュー

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]