広告ネットワーク「ADroute」に複数機器を保有するユーザーへの最適化広告配信導入

アクセルマーク、三井物産が提携するDrawbridgeのクロスデバイスマッチング技術利用

インターネット広告・ゲーム事業のアクセルマークは、同社の広告ネットワークサービス「ADroute(アドルート)」に、複数の機器を保有するユーザーに対して最適化した広告配信を可能にする技術を導入した、と12月4日発表した。不要な広告配信を減らし、効果が見込まれる広告が適切なユーザーに配信できる。

三井物産が資本業務提携しているクロスデバイスマッチング事業大手、米国Drawbridgeの技術を利用する。この技術は、スマートフォンとパソコンといった複数の機器を使用する同一ユーザーを推定。1つの機器から取得した情報を基に、異なる機器を使う同一ユーザーの別の機器にも最適化した広告が配信できる。

ADrouteはこれまでモバイル向けの広告配信に特化したサービスを提供してきた。広告主からの要望と、インターネットの利用場面拡大を背景に、パソコン向け広告配信サービスを2019年1月に始めることを決めた。それにあたって米国Drawbridgeのクロスデバイスマッチング技術を導入して広告効果の最大化を図る。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]