LINEが法人向けサービスのリニューアルを本格開始、3つのソリューションを中心に展開

「LINE Biz-Solutions」、分断していたユーザーデータを統合して最適なサービスを訴求

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」とLINE関連サービスを活用した法人向けサービスのリニューアルを本格的に始めた、と12月3日発表した。今後は「LINE Account Connect」「LINE Ads Platform」「LINE Sales Promotion」の3つのソリューションを中心に展開する。これらを総称して「LINE Biz-Solutions」と呼ぶ。

これまでLINEは法人向けに「LINE公式アカウント」「LINE ビジネスコネクト」「LINEカスタマーコネクト」「LINE@」などのLINEアカウントや、運用型広告「LINE Ads Platform」、店頭販促特化型「LINE Sales Promotion」などを実施してきた。サービス間での連携が薄く、各ソリューションのユーザーデータが生かし切れない課題があった。

今回、ソリューションごとに分断していたユーザーデータを統合して最適なサービスを訴求することにした。LINE Account ConnectはLINE公式アカウントをはじめ「LINEプロモーションスタンプ」「LINEスポンサードエフェクト」を含むサービス分野で、LINE Ads PlatformはLINEと関連サービスが対象の運用型広告配信プラットフォームとなる。

LINE Sales PromotionはLINEと関連サービスを活用した店頭販促特化型ソリューションとし、3つのソリューション間のデータ連携を強化して企業とユーザーの長期的な関係構築を支える。LINEは併せて、大企業向けのLINE公式アカウントで、中小企業・店舗用のLINE@との統合を見据えて新プランの提供を同日開始した。月額0円から利用できる。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]