LINEが「LINE Ads Platform」向けの新メニューとしてダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」を提供開始

Webサイトにおけるユーザーの行動履歴にもとづいて最適化した広告素材を自動生成
よろしければこちらもご覧ください

コミュニケーションアプリ「LINE」を運営するLINEは、「LINE」とLINE関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」の新メニューとして、「LINE Dynamic Ads」の提供を開始した、と11月29日発表した。

LINE Ads Platformの新メニューLINE Dynamic Adsは、Webサイトにおけるユーザーの行動履歴にもとづいて最適化した広告素材を自動生成し、クリックやコンバージョンを促すインフィード型のダイナミックリターゲティング広告となる。

利用データの計測などを行う「LINE Tag」を利用し、広告主のWebサイト上でのユーザーの行動デーを蓄積・解析することで、ユーザーの好みや興味関心に合った広告を配信することが可能。自動生成した広告は、LINEのタイムライン上に配信され、大規模なユーザーへのリーチが可能となる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]