LINEが「LINE広告ネットワーク」で新たな広告フォーマット「動画リワード広告」開始

視聴ユーザーにアプリ内で利用可能なインセンティブを付与するフルスクリーン動画広告

LINEは、同社のアドネットワークサービス「LINE広告ネットワーク(旧LINE Ads Platform for Publishers)」で新たな広告フォーマット「動画リワード広告」の提供を始めた、と2月28日に発表した。動画を視聴したユーザーに対し、アプリ内で利用可能なインセンティブ(特典)を付与するフルスクリーンの動画広告となる。

動画リワード広告でアプリ運営者は、自社のアプリ内でゲームアプリやECをはじめとするさまざまな広告の配信ができ、アプリの収益最大化や動画視聴後のインセンティブ付与によるアプリ内のユーザー活動の活性化につなげられる。高精度なターゲティング配信と組み合わせ、親和性や興味関心が高い広告配信を実現する。



LINE広告ネットワークは、LINEの運用型広告配信プラットフォーム「LINE広告(旧LINE Ads Platform)」を通じ、企業が自社アプリ内で広告を配信して収益化するアプリ運営者向けソリューション。コミュニケーションアプリ「LINE」や関連サービスでの広告配信のターゲティングデータを活用し、最適な広告配信が可能。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]