LINEが運用型広告「LINE広告」でクーポンサービス「LINEクーポン」を広告配信面に追加

2800万人以上が登録、割引情報に敏感な40・50代女性を主なターゲットにした広告が可能
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」とその関連サービスを対象にした運用型広告配信プラットフォーム「LINE広告」で、クーポンサービス「LINEクーポン」を広告配信面に加えた、と11月19日発表した。企業はクーポン情報を求める層にアプローチできる。LINEクーポンには、2800万人を超えるユーザーが登録している。

LINEクーポンは、飲食店、コンビニ、スーパー、ドラッグストア、レジャー施設など全国約5万店の店頭でスマートフォンの画面を提示すると特典が受けられるサービス。登録者の70%が女性で、40、50代が全体の6割を占めている。LINEクーポンへのアクセスは、LINEの「ウォレット」タブと、LINEクーポンのLINE公式アカウントからの2つ。

このため、割引情報に普段から敏感でスマートフォンを情報収集や買い物に利用している40、50代の女性をメーンターゲットにした広告が可能になる。LINE広告はLINEアプリ内の「タイムライン」「LINE NEWS」「LINEマンガ」「LINEポイントクラブ」「LINEショッピング」などに広告を配信。計約1万8000件の広告アカウントが出稿している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]