LINEが「LINE広告」にポイントカード管理サービス「LINEマイカード」での広告配信追加

約1800万人が登録、暮らしやお得情報への感度が高い幅広い世代へのアプローチが可能に
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、同社のコミュニケーションアプリ「LINE」とその関連サービスを対象にする運用型広告配信プラットフォーム「LINE広告」に、LINEのポイントカード管理サービス「LINEマイカード」での広告配信を加えた、と5月25日発表した。LINEマイカードには約1800万人が登録していて、暮らしやお得情報への感度が高い幅広い世代にアプローチできる。

LINEマイカードは、ポイントカードや会員証をLINEアプリの中で一括管理できるサービス。2018年に始めた。現在は「Tカード」「Pontaカード」などのポイントサービスや各種加盟店の計約1300万枚のカードと連携し、多くのユーザーが日常的に利用しているという。アクセスはLINEの「ウォレット」タブと、LINEマイカードのLINE公式アカウントから。

LINE広告ではウォレットタブからアクセスできる「LINEチラシ」と「LINEクーポン」で広告を配信していたが、今回、LINEマイカードを追加した。LINE広告は「タイムライン」「LINE NEWS」「LINEマンガ」「LINEショッピング」「トークリスト」などへの広告配信プラットフォーム。運用開始以来、累計2万3000件を超える広告アカウントが出稿した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]