チャットプラットフォーム「AI messenger」、企業内データを活用した予測モデルソリューションを提供

過去の条件から予測できる適切な回答を応答するサイバーエージェントのサービス
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI messenger」において、企業のデータから作成した予測モデルとチャットボットを連携することで、自動的に適切な予測結果をチャットボットが応答するソリューションの提供を開始した、と4月4日発表した。サイバーエージェントの研究・開発組織「AI Lab」が企業から提供を受けたデータを分析して作成した予測モデルとチャットボットを連携することで、チャットボットはユーザーとの対話から抽出した条件から、過去の条件に基づいて予測できる適切な回答をユーザーに応答できるようになる。

予測モデルの適用事例としては、例えばオークションにおける最適な入札単価を回答するチャットボットがある。出品するアイテムの条件から、過去のデータに基づいて成約確率を予測するモデルを事前に作成し、チャットボットはユーザーの対話から抽出した条件から成功確率が高く、信頼度も高い入札単価をユーザーに回答することができる。予測モデルは柔軟に対応が可能で、ケースに応じたさまざまなチャットボットの作成が可能になるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]