サイバーエージェント、人工知能チャットシステム「AI Messenger」にカルーセル形式の画像表示機能を追加

「CA DataFeedManager」と連携し、チャット上で画像を表示することが可能に
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、AIメッセンジャーが提供する人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger(エーアイメッセンジャー)」がデータフィードマネジメントツールと連携し、複数画像を一つの画像スペースに表示する「カルーセルフォーマット形式」に対応した、と11月15日発表した。AI Messengerは、サイバーエージェントのデータフィードマネジメントツール「CA DataFeedManager」と連携し、チャット上で画像を表示することが可能になった。

AI Messengerは、ユーザーが入力した文章から条件を自動で抽出し、FAQデータベースリストから該当する回答を自動応答することができる。各種のSNSメディアに対応しており、365日、多様なチャネルでリアルタイムに問題を解決することで、ユーザー満足度の向上を図り、離脱率の改善・CVR(コンバージョン率)の最大化に貢献する。カルーセルフォーマット形式への対応により、商品やサービスへの理解促進を図ることができるようになった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]