日本の人口が初の減少、統計局が平成27年の国勢調査結果を公表

65歳以上の割合が調査開始以来最高、15歳未満の割合が調査開始以来最低に

総務省統計局は、「平成27年国勢調査 人口等基本集計結果」を10月26日にWebサイトにて公表した。

同調査結果によると、平成27年10月1日時点での日本の人口は1億2709万5千人。大正9年の調査開始以来、初めて減少した。平成22年の調査と比べると96万3千人(0.8%)減となる。

都道府県別では、東京都が1351万5千人で最も多く、人口上位の9都道府県を合わせると全国の5割以上を占める。都道府県別の人口増加率が最も高いのは沖縄県(2.9%)で、東京都(2.7%)がそれに続いた。ほか埼玉県や愛知県など8都県で人口が増加し、39道府県で減少した。

年齢別では、65歳以上の人口は3346万5千人で総人口に占める割合は26.6%、15歳未満の人口は1588万7千人で12.6%。65歳以上の人口の割合は調査開始以来最高、15歳未満の人口の割合は調査開始以来最低となった。

同調査結果は、統計局のWebサイトからダウンロードできる。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]