博報堂DYメディア・ヤフー・DACがマーケティングソリューション研究・開発新会社を設立

「Handy Marketing」、データ分析・プラニングノウハウを活用してツール・サービス開発
よろしければこちらもご覧ください

総合メディア事業の博報堂DYメディアパートナーズ、ヤフー、インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)の3社は、マーケティングソリューション・関連サービスを研究・開発する新会社「Handy Marketing(ハンディ・マーケティング)」を共同で設立した、と4月1日発表した。各社のデータ分析・プラニングのノウハウを活用し、プラニングツールと関連サービスを開発する。

ハンディ・マーケティングは資本金2億円で、出資比率は博報堂DYメディアが50.1%、ヤフーが49%、DACが0.9%となる。社長は博報堂DYメディア、副社長はヤフーが出した。広告主のデジタルマーケティングの関心は近年、テレビ・新聞・雑誌などマスメディア広告との統合プラニングや、効果測定のデータを基に行動するデータドリブンマーケティングにあることから、3社の強みを連携することにした。

博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodody-media.co.jp/

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
http://www.dac.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]