はてながソニーのニュースアプリ「ニューススイート」とニュースサービス分野で連携

オンラインニュースコミュニティサービスとインフィード型ネイティブ広告商品を開発
よろしければこちらもご覧ください

コンテンツプラットフォーム運営のはてなは、自社のソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」と、ソニーのニュースアプリ「ニューススイート」とニュースサービス分野で連携を始める、と3月30日発表した。新しいオンラインニュースコミュニティサービスの開発と、インフィード型ネイティブ広告商品の開発・販売を進める。インフィード型ネイティブ広告は、記事・コンテンツと一体感のあるデザインとフォーマットの広告枠を指す。ニューススイートは「Android」端末向けの無料ニュースアプリで、ソニーのスマートフォン「Xperia」にプリインストールされている。

ニューススイートは日本や米国、英国など70ヵ国で展開し、月間で700万ユーザーの利用者がある。はてなは自社サービスの開発技術・運営ノウハウを生かし、ニューススイートの技術や世界的な事業ネットワークを活用して新サービスを夏ごろまでに開発する。さらに、はてなブックマークのスマートフォンアプリとニューススイートに同時に掲載できるインフィード型ネイティブ広告商品を開発する。はてなブックマークの強みになっている拡散力を維持しながら、ニューススイートが持つ多数のユーザーへのアプローチが可能になる。4月に販売を始め、広告主の広告効果最大化を後押しする。

はてな
http://hatenacorp.jp/

はてなブックマーク
http://b.hatena.ne.jp/

ニューススイート
http://socialife.sony.net/ja_jp/newssuite/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]