博報堂DYメディア・ヤフーなどがテレビCMプラニング「Handy TV Insight」の展開開始

調査パネル「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」などを利用してプランニング提示
よろしければこちらもご覧ください

総合メディア事業の博報堂DYメディアパートナーズ、ヤフーと、両社が出資するマーケティングソリューション開発のHandy Marketingは、さまざまなデータを活用したテレビCMプラニングソリューション「Handy TV Insight」の展開を始める、と10月31日発表した。ヤフーの調査パネル「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」などを利用する。同パネルは関東・関西地区約8000人のモニターの24時間365日のテレビ実視聴データと「Yahoo! JAPAN」サイトの行動データをひも付けている。

Handy TV Insightは、Yahoo!メディアオーディエンスパネルから取得するテレビの視聴ログ、Yahoo! JAPANサイトの行動データ、広告主サイトのコンバージョン(最終成果)データなど多様なデータを使い、オンラインのアクションを最大にするテレビCMのプラニングを提示する。例えば、Yahoo! JAPANの広告経由で蓄積したコンバージョンデータを基に、今後コンバージョンの可能性が高いユーザー層を抽出し、その層の番組視聴傾向を明らかにすることで高度なプランニングを可能にする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]