テレビ視聴とWeb行動データを統合したプランニングツール、博報堂DYメディア・ヤフーらが提供開始

ヤフーが保有する「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」の調査パネルを活用して構築
よろしければこちらもご覧ください

博報堂DYメディアパートナーズ、ヤフー、Handy Marketingの3社は4月10日、テレビの実視聴データとWeb行動データを統合したメディアプランニングツール「Handy Media Planner」の提供で合意した。ツールを活用した広告主向けのマーケティング支援を実施する。

Handy Media Plannerは、ヤフーが保有する関東・関西に居住する約8,000人の調査モニターのテレビ実視聴データと、Yahoo! JAPANのサイト行動データをひもづけた調査パネル「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」のデータを活用して構築。

広告接触などのデータを含めた10万人規模のテレビCMおよびインターネット広告の広告効果データから、テレビCMとPC・モバイルのインターネット広告を組み合わせた最適な出稿パターンを掲示する。

また、事前に準備した出稿計画のリーチや認知、態度変容の推計にも対応。テレビCMとインターネット広告を同一指標で評価することで、最適な出稿計画を導く。

Handy Media Plannerの概要

Handy Marketing社は、博報堂DYメディアパートナーズ、ヤフー、DACの出資によって2016年に設立された企業。データマーケティングの発展を目的に、マーケティングソリューションや関連サービスの開発をしてきた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]