テレビとインターネットのメディアプラニングツール「Handy Media Planner」を提供

ヤフー・博報堂DYメディア、Handy Marketing、テレビとWeb行動の統合調査パネル活用

ヤフーと総合メディア事業の博報堂DYメディアパートナーズは、両社などが出資してマーケティングソリューション研究・開発・分析を手掛けるHandy Marketingとともに、テレビとインターネットの次世代型メディアプラニングツール「Handy Media Planner」を提供することで合意した、と4月10日発表した。メディア横断の統合マーケティングの支援を狙いにする。ヤフーが構築したテレビの実視聴とWeb行動データを統合した調査パネル「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」を活用する。テレビCMとインターネット広告を同じ指標で評価して最適な出稿計画を立てる。

Yahoo!メディアオーディエンスパネルは関東、関西地区に居住する約8000人の調査モニターの24時間365日のテレビ実視聴データと、ヤフーが展開するポータルサイト「Yahoo! JAPAN」の行動データをひも付ける。テレビCM視聴行動と検索行動の関連性やテレビCMとインターネット広告接触の複合効果などが分かる。Handy Media Plannerは、同パネルのデータを含む10万人規模のテレビCMとインターネット広告の広告効果データを使い、テレビCMとインターネット広告を組み合わせた最適な出稿パターンを提示する。出稿計画でのリーチや認知、態度変容の推計も可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]