Criteo、モバイルデバイスのEコマース消費者動向レポートで総売上の66%はAndroidタブレットとスマートフォン

モバイルクリックの70%以上は、小売、旅行、自動車、クラシファイド広告

デジタルパフォーマンス広告のCriteo(クリテオ)は、モバイルデバイスにおけるEコマース消費者動向レポートである「Mobile Flash Report」を6月25日発表した。レポートによると、世界のEコマース総売上の66%はAndroidタブレットとスマートフォンが占めていることが分かった。また、モバイルクリックの70%以上は、小売、旅行、自動車、クラシファイド広告(個人広告を集めたWebサイト)が占めていた。また、モバイルクリックの90%以上は、北米、アジア太平洋地域、西欧で発生していた。調査はCriteoの広告を見たインターネットユーザーのインターネットブラウジングと消費行動を対象に行った。

CTR(クリック率)は、大半の業種でPCよりもモバイルのほうが高く、Androidデバイスの平均CTRはPCの約2倍となっている。Androidデバイスのもたらす売上は、世界的にはiOSよりも多いものの、米国と欧州ではiOSがAndroidを上回っていた。日曜日には、デスクトップからの売上が10%下落している一方で、iPadから購入する確率は16%上昇している。このことから、モバイルデバイスはデスクトップの利用を補完し、それを上回る売上をもたらしていることも分かった。モバイルデバイスでの平均購入額が大きい分野は「ホテルの予約」が364.8ドル、「レンタカー」が209.1ドル、「アパレル」が105.3ドルだった。

Criteo
http://www.criteo.com/jp/

Mobile Flash Report
http://www.criteo.com/en/mobile-flash-report-incremental-marketing-oppor...

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]