インプレスビジネスメディア、電子書籍に関する市場規模の推計で電子出版規模は1000億円超

2014年度以降も電子書籍市場の成長は続き、2018年度には2790億円程度と予想
よろしければこちらもご覧ください

インプレスグループでIT関連メディア事業のインプレスビジネスメディアは、電子書籍の動向を調査し、電子書籍の市場規模の推計結果を6月24日発表した。調査によると日本の2013年度の電子書籍市場規模は前年比28.3%増の936億円で、電子雑誌市場77億円と合わせた電子出版市場は1013億円となった。2014年度以降も電子書籍市場は成長を続け、2018年度には2790億円程度と予想している。調査は「通信事業者」「出版社」「電子書籍ストア」「取次事業者」「ポータルサイト」「コンテンツプロバイダー」などの主要電子書籍関連事業者へのヒアリング調査とユーザーへのアンケートなどを分析した。調査結果は「電子書籍ビジネス調査報告書2014」として7月17日に発行する予定。

2013年度のスマートフォンやタブレット、電子書籍専用端末などの新しいプラットフォーム向け電子書籍市場は2012年度から421億円(114.4%増)増加の推計789億円で、急速に拡大している。新プラットフォーム向け電子書籍市場は、全体の84.3%を占めていた。ケータイ向け電子書籍市場は市場が大幅に縮小し、2013年度は前年比60%減の211億円となった。電子雑誌は配信雑誌数や電子書籍ストアでの取扱いが拡大し、月額課金モデルのコミック誌の配信も始まっている。電子雑誌広告市場の形成による電子雑誌配信の本格化と合わせ、引き続き市場が拡大し、2018年度には550億円程度を予測。電子書籍と合わせた電子出版市場は3340億円になると予測している。

インプレスビジネスメディア
http://www.impressbm.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]