博報堂生活総研、生活者の意識変化を読み解く定点観測を開始、結果を定期的に公表

「生活インデックスレポート」の名、4月の消費動向では新年度でも特別な気持ちなし

博報堂のシンクタンク、博報堂生活総合研究所は、生活者の意識変化を読み解くことを狙いに、複数の独自指数を開発し、定点観測を始めた、と4月9日発表した。調査結果は「生活インデックスレポート」と名付け、消費動向、生活感情、生活価値観の各領域に関して定期的に公表。消費動向は毎月上旬、生活感情が4月中旬と10月中旬、生活価値観は5月上旬と10月下旬に結果をウェブサイトで公開する。いずれも生活者が100点満点で回答し、平均点を指数にする形式となる。

今回、4月の生活者の消費動向(消費意欲・デフレ生活志向)の分析結果をまとめた。3月7~12日に、首都圏、名古屋圏、阪神圏の20~69歳の男女1500人を対象にインターネットで調べた。消費意欲指数は48.5点、デフレ生活指数は62.1点となった。先行観測していたため前月と比較でき、消費意欲指数は1.8点の微減、デフレ生活指数は横ばい。4月は新年度の始まりで新生活にあたって支出が見込まれるものの、指数に大きな変化はなく、消費者に特別な気持ちは働いていなかった。

指数は動いていない一方、生活者の声は4月らしく「春物の衣料、雑貨などが欲しい」「季節的な出費、購買意欲がアップ」「心機一転、お祝い」などが挙げられた。半面、「自分や家族の新生活、新年度でお金がかかるので、引き締める」という声も多く、結果として指数に変化がなかった。性別・年代別で最も消費意欲が高いのは女性の20代で56.9点。女性全体より5点以上高く、消費をけん引していた。男性の40、50代は堅調となり、「好景気」「株価上昇」の声が寄せられた。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

博報堂生活総合研究所
http://seikatsusoken.jp/

生活インデックスレポート消費動向編4月
http://seikatsusoken.jp/pdf/RN_20130409.pdf

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]