博報堂生活総研、アイデアを社会資源にする「生活者発想人倶楽部」のウェブサイト公開

異業種で活躍する「生活の観察者」の同人プロジェクト、未来のアイデア・シーズを提議

博報堂のシンクタンク、博報堂生活総合研究所は、アイデアを社会資源にするプロジェクト「生活者発想人倶楽部」を立ち上げ、ウェブサイトを5月22日開設・公開した、と同日発表した。博報堂グループの専門家に加え、NPO、行政・教育関係、職人など異業種で活躍する“生活の観察者”が集まる同人プロジェクトとなる。未来の暮らしを生み出す新しい仕組みづくりを目的にしている。

生活者発想人倶楽部のメンバーは、仕事や任務を超えた1人の生活者として未来の暮らしにつながる発想の素(アイデア・シーズ)を考える。メンバーは、見過ごしがちな風景や人間関係を見つめ直す「質問集」を基に、未来のアイデア・シーズを提議し合う。活動で生まれた発想は、誰もが仕事や活動のヒントに活用できる社会資源となり、サイトに公開する。内容は毎月5日に更新する。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

博報堂生活総合研究所
http://seikatsusoken.jp/

生活者発想人倶楽部
http://hasso-jin.jp/general/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]