ラクス、メール配信ASP「配配メール」に配信エラー解析機能を7月末追加

宛て先ごとにエラーの詳細を解析可能に、エラーレポートはグラフ表示もできる
よろしければこちらもご覧ください

ITシステム事業のラクスは7月5日、同社のメール配信ASP「配配メール」と上位版の「配配メールPro」を7月末バージョンアップし、メール配信エラーの解析機能を追加すると発表した。

エラー解析機能の追加によって、配信したメールがエラーとなった宛て先ごとに、詳細なエラー原因を確認できるようになる。宛て先ごとのエラー原因を解析することで、今後届く可能性があるアドレスを判別し、配信リストを見直すことができる。レポートはグラフ表示も可能。

また、配配メール(共用サーバ)の配信グループの作成数を、最大10個から20個に増やす。ブランドや店舗ごと、女性のみ、関東圏のみなど、より多くのグループを設定し、メルマガの種類や宛て先ごとに管理して配信することが可能になる。

配配メール
http://www.haihaimail.jp/

ラクス
http://www.rakus.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]