知っておきたい法律関係 コーナーの記事一覧

icon このコーナーについて

マーケターも知っておかなければいけない法律にまつわる情報をわかりやすく解説。

(全 5 記事)

知っておきたい法律関係

生成AIが著作権侵害になるのはどんな事例? 法的リスクを弁護士に聞いた

AIで生成されたイラスト・文章・音楽などにも著作権はあるのでしょうか?これら生成AIの法律問題には知的財産や肖像権の侵害・帰属、個人情報の不適切利用、秘密情報の漏洩などがあり、現在の訴訟もこれらに関する内容が目立ちます。違反すると「差し止め」や「損害賠償」を請求される可能性があるので、事業者も利用者も理解したうえで使用することが必要です。
小林 香織[執筆], 山本淳夫[デザイン]2023/12/19 7:002183
知っておきたい法律関係

「ステマ規制」何をしたら違反? PR表記のルールや禁止のポイント

2023年10月からステルスマーケティング(ステマ)が景品表示法により規制され、ステマが禁止される。事業者が第三者を装って商品を宣伝したり、第三者に宣伝やPR、口コミ投稿を指示したりした場合、広告表示が必須になる。規制対象は広告主で、金銭授受が発生していなくても、法規制の対象となる場合がある。本記事では、WOMJガイドラインを基に違反しないための具体的な対策とポイントを詳しく解説する。
山田宗太朗[執筆], 山本淳夫[デザイン]2023/7/11 7:0033331634
知っておきたい法律関係

“改正電気通信事業法” Web担当者がやることをわかりやすく解説

2023年6月施行された改正電気通信事業法(電通法)の「外部送信規律」は、オンライントラッキング問題に対応する法律であるため、Web担当者も対応が必要です。対象となるサービスや、具体的な対策をわかりやすく解説していきます。オウンドメディア、ブログ、SaaSを運用している方は、Cookie以外の情報送信や自社把握不能の第三者への情報送信も対象となるので注意が必要です。
太田祐一[執筆]2023/5/25 7:001237334
知っておきたい法律関係

Cookie規制・プライバシー保護でマーケティングはどう変化する?

「プライバシー保護」をテーマにマーケターが今後どんな戦略をとっていくべきか考察していく。
カーダー ジェネッサ(電通デジタル)2022/3/29 7:0011162
知っておきたい法律関係

GDPRとは? Web担当者やWebアナリストはどう対処すればいい?

GDPRなんて関係ない――そう思っているあなたに、Webアナリストやマーケター向けGDPRとは何か&対処方を解説
清水 誠2018/5/17 7:00389210279
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]