企業ホームページ運営の心得

Web物理法則 完全解説 ― 2015年度新人Web担向けファイナル

情報は人をひきつける引力を持ちます。無限に近い領域が持てるWebでは、さまざまなニーズに応えられます
よろしければこちらもご覧ください
Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる 企業ホームページ運営の心得

コンテンツは現場にあふれている。会議室で話し合うより職人を呼べ。営業マンと話をさせろ。Web 2.0だ、CGMだ、Ajaxだと騒いでいるのは「インターネット業界」だけ。中小企業の「商売用」ホームページにはそれ以前にもっともっと大切なものがある。企業ホームページの最初の一歩がわからずにボタンを掛け違えているWeb担当者に心得を授ける実践現場主義コラム。

宮脇 睦(有限会社アズモード)

企業ホームページ運営の心得が電子書籍になりました。8年以上続く連載から「営業・マーケティング編」と「コンテンツ制作・ツール編」に分けて25編ずつ収録。昔も今も「現場」でWeb制作を続けている宮脇さんが、変化しているようでしてない、Web業界を生き抜くためのノウハウを詰め込んでいます。

心得其の405

Web世界の物理法則

Web担当者を続けていると「これからは○○だ」という予言を何度も目にすることでしょう。その大半は希望的観測か、自らの立場を有利にするための「ポジショントーク」と呼ばれるものです。新人心得として紹介したように、Web業界の本当の変化はそれほど頻繁に起こるものではなく、予言には眉に唾を塗って接するのが正解です。

喧伝されるほどの変化が起こらないのは、熟したリンゴが地面にぽとりと落ちるような、揺るぎない物理法則が存在することの証明でもあり、その1つが、

情報は引力

ということ。ベテランWeb担当者なら直感的に知っていることを完全解説。以前に予告した通り、「2015年度新人Web担向けファイナル」です。

ヤフーに列なした時代

dolgachov/iStock/Thinkstock

物理法則とまで断言するのは、「Webの特性」「日本社会の現実」「マーケティング」の視点から説明できるからです。

宇宙空間において「引力」は質量に比例し、大きいほどその力は強まります。Web空間で質量に当たるのが「情報」で、情報が多ければ多いほど、ユーザーを引き寄せるだけでなく、他の情報も引き寄せるようになります。

20世紀の終わり、ヤフーはポータルサイト(玄関サイト)として、芸能ニュースから株価情報まで提供したことで圧倒的人気を集めました。その人気から、当時のWeb担当者はヤフーへの「ディレクトリ登録」を実現するために、わざわざ情報を持ちより行列をつくったものです。いま「グーグル」にクロール申請するのと同じです。

Webの特性とは「Winner-take-all(勝者総取り)」であって、勝利の側に立つことができれば、人も情報も集中します。

トップページへのリソース

Webサイトを「作る側」に立つと、日本では「トップページ」と呼ばれる「ホームページ」を中心に考えてしまいがちです(以下、日本の現状から「トップページ」で統一)。

多くの作り手にとっては、トップページがWebサイトの入口です。コンセプトの軸にもなり、全体の構成を図表にした「樹形図」の起点となるので当然ですが、必ずしもユーザーにとってトップページは重要ではなく、Webの物理法則から見れば、過剰にリソースを割く場所ではありません。極論すれば一編の金言よりも、1万本の雑談の方が強い「引力」を生み出すからです。

紙の書籍を例に取れば、面積やページ数には限界があり、必然的に掲載する内容も絞られ、雑談よりも金言が重視されます。対してWeb空間は理論上、無限に近い領域を持つことができ、絞り込む必要がありません。雑談と金言を並べて掲載することもできます。

どこでもドアの誕生

かつてのヤフーは、人手によってWebサイトをカテゴリごとに分類する「ディレクトリ(階層)登録」のポータルサイトでした。グーグル登場以前の「検索」は、ヤフーの祖業にあたる「リンク集」や、ディレクトリ型の検索エンジンの影響下にあり、ユーザーは「トップページ」からの訪問を余儀なくされていました。

しかし、グーグルの「検索」はコンテンツ(Webページ)単位で評価し、ユーザーは探し求めるサイト内のコンテンツに直接たどり着けるようになりました。そしてコンテンツは「どこでもドア」となったのです。グーグルの登場により、1万本の雑談が強い時代の幕があがります。

ヤフーが覇権を握っていた時代も情報は引力を持っていましたが、人手による分類のため、力の強さは人間によってコントロールされていました。グーグルは人力を極力排除することで、情報がもつ引力の解放に成功します。そして、一編の金言より1万本の雑談が力を持ったのです。近い将来「Web史」というカリキュラムが生まれれば、間違いなくテストにでるところです。

人間の真実とは

さらに、人間社会の真実が「情報=引力」という物理法則を裏打ちします。

思想信条と表現の自由が認められている我が国では、他人を傷つけない限り発言は許されます。十人十色という言葉があるように、人の好みはそれぞれで、どんな雑談にもシンパシーを感じる人が一定数は存在します。

そして小さな島国ながらも1億人を超える人口がひしめき合い、仮に支持率が1%弱もあれば理論上の実数は100万人を数えることから、どんな「トンチキ(珍妙)」な発言であっても、ある程度の「厚み」がある支持を期待できるのです。

また、日本のWeb社会に顕著な匿名の気楽さが、首をひねるようなタワゴトにまで無責任な「いいね!」を与えます。やはりこちらにも「厚み」が期待され、それを見て一定の意味、評価があると錯覚する人が生まれるのです。

引力は物理法則で、引力そのものには正邪も真贋もありません。だから雑談どころか、誤報でも虚報でも同じ効力を発揮することが「炎上商法」が成立する背景です。

ロングテールの実相

最後の「マーケティング」視点では、「ロングテール」が法則を裏付けます。ロングテールとは、一部の人気商品が売上の大半を稼ぐ「パレートの法則」に対して、わずかな需要しかないアイテムでも、巨大な恐竜の尻尾のような長さを誇るほどの「商品群」があれば対抗できるというマーケティング理論です。

リアルビジネスにおいては、「アマゾン」や「グーグル」といった一部の企業しか適用できない特殊な方法論とする意見が多数を占めますが、Webにおける集客方法として健在なのは「情報は引力」という物理法則があるからです。

1万本の雑談それぞれに1日1人の訪問しかなくても、総数では毎日1万アクセス以上、年間では365万アクセスを記録します。つまり立派な引力となるのです。ロングテールを最適な日本語に訳するなら、「塵も積もれば山となる」です。

いつのころからか使われているWeb格言に、「ブログは100円貯金」があります。ブログを書いたからといってすぐに効果は期待できませんが、続けることで実力や影響力を得ることができるという意味です。それはWebの物理法則「情報は引力」に適い、「けもの道」をすすめた理由でもあります。

今回のポイント

「どこでもドア」を意識する

微力も集まれば大きな力

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス