企業ホームページ運営の心得

ブログを商売用に変換するアプローチ

商売用ブログをはじめるなら、集客とブランディングを考える
Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる 企業ホームページ運営の心得

コンテンツは現場にあふれている。会議室で話し合うより職人を呼べ。営業マンと話をさせろ。Web 2.0だ、CGMだ、Ajaxだと騒いでいるのは「インターネット業界」だけ。中小企業の「商売用」ホームページにはそれ以前にもっともっと大切なものがある。企業ホームページの最初の一歩がわからずにボタンを掛け違えているWeb担当者に心得を授ける実践現場主義コラム。

宮脇 睦(有限会社アズモード)

心得其の百四十参

今さらでも多い相談

これからはブログだ! とはさすがにIT業界で耳にすることはありませんが、街角の中小企業の現場では減る気配がないどころか増えています。私の耳にしたところで、ホームページ制作業者にリニューアルを相談すると、ほぼ100%の確率で「ブログ」を勧められるといいます。それはMovable Type(ムーバブルタイプ)にWordPress(ワードプレス)、XOOPS(ズープス)などを利用したもので、最近のIT業界では「CMS」と呼びますが、一般(非IT業界)では馴染みが薄く、知名度の高い「ブログ」で説明されます。

そしてこちらも100%の確率で「ブログ(機能)」が設置されます。ブログは商売用ホームページを成功させる絶対条件ではありません。更新し続けることは難しく、続けたとしても商売の役にたたないブログも多いのです。ならば最初から「やらない」というほうが懸命なのですが。

……しかし。業務命令で選択権がない、または、もうすでに始めていて引き返せない、さらには商売用としての手応えをまったく感じないあなたに向けて「商売用ブログ 実践編」です。

ブログとはなんぞや

まず、ブログは目的で異なります。私は以下の5つに分けています。

  • A:備忘録
  • B:友人・連絡用
  • C:集客
  • D:ブランディング
  • E:自己表現

Aがもっとも簡単で、Eに向かうほど難易度が上がります。AとBは「プライベート」の範囲ですから、ここでは取り上げません。どこでご飯を食べた、居酒屋で酒を飲んだ、結婚式に参加したなど、ちょっと前に流行った「社長ブログ」の多くはここに含まれます。最難関のEは論評やケータイ小説などの「作品」レベルの話しなのでこれもパスします。残った「集客」と「ブランディング」に商売用ブログでは取り組むのです

ブランディングの高いハードル

商売用のブログは「集客」と「ブランディング」を繰り返すのが理想です。ところが「ブランディング」を成功させるには大きなハードルがあります。それは「照れ」です。

ブログでブランディングするには、自分をプロデュースしなければなりません。自分の素晴らしさ、自分の商品価値の高さ、希少性をブログで公開します。いわゆる自画自賛で、そこに彩りを加えるのが「外部評価」です。外部評価といっても「モンドセレクション」や「グッドデザイン賞」などがなくても問題ありません。友人知人、取引先にコメント欄で自分を褒め称えてもらえばOKです。

これはいわゆる「お客様の声」で、見ず知らずの「客の声」でも「なるほど」と参考にするあの心理を悪用します。照れずに自画自賛し、自分を褒め称える書き込みを「依頼」する精神力があればチャレンジする価値はあります。しかし「謙虚な日本人」ならば、次の「集客」に集中してください。余談ですが友人知人、取引先を「先生」「社長」として互いに褒めちぎっている人たちは実在します。

もっとも簡単で続けやすいブログ

もっとも続けやすい商売ブログが「集客」です。

ブログを書き続けているのに効果がないという人は「集客」を意識しておらず、これでは何年書いても商売用にはなりません。集客のポイントは「狙う」です。

たとえば「和菓子屋」ならどちらがブログのタイトルとして適切でしょうか。

  1. アラフォーオヤジの備忘録
  2. 粒あんにこだわる和菓子屋のブログ

正解は2です。

サイトへの訪問者は「検索エンジン」を経由してきます。要求されたキーワードが掲載されているページを検索結果として表示するのが検索エンジンの仕組みで、「タイトル」にキーワードがあれば検索順位は上位になると考えられています。いわゆるSEO(検索エンジン対策)です。そこから「粒あん」「和菓子」を織りこむことが「狙う」です。2のタイトルなら、和菓子屋のブログであることもすぐにわかります。

ブログを続けるには関連力

タイトルだけでなく「エントリー(本文、記事)」も「狙い」ます。

「和菓子関連のキーワードをエントリーに散りばめる」

これはSEOの他に2つのメリットがあります。まず「ぶれない」ことです。ある日は政権交代を語り、翌日は飼い猫の話しを脈絡なく書き散らかしても、友人や知人が読むぐらいに過ぎず、和菓子屋の商売に役立つことはありません。

しかし、狙うことで政治ネタを和菓子屋の商売用に変換するのです。こんな感じで。

「政権交代といえば、鳩山民主鳩サブレなるお土産があると聞きました。そこでしょっぱい塩飴を作って“自民党の涙”というのはどうでしょうか」

「鳩サブレ」と「塩飴」です。お菓子だけでなく求肥(ぎゅうひ)や和三盆といった原材料でもOKです。和菓子の「関連キーワード」を織りこむことでブログのぶれを抑え「和菓子屋」を読者に印象づけSEOも期待できます。これを「関連力」と呼んでいます。

体験を関連づける

ネタ切れを撲滅できるのが「関連力」のもう1つのメリットです。本稿執筆時ならこんなエントリーとなります。

「のりピーの裁判報道を見てドキッとします。先日、極上の白い粉を入手したからです……飛騨高山産の上新粉ですが」

「狙う」意識が、時事を記事にします。これも「関連力」です。そしてネタは無限となります。さらに「関連力」にはこんな応用方法があります。

「のりピーがジャイアント馬場とジャイアントコーンのCMにでていたことを思い出した。あの頃、和菓子屋を継ぐなんて想像もしていなかった」

ニュースをきっかけに自分の歴史を語ります。時事と「懐かしネタ」を結びつけることで読者との共通体験を演出できるのです。そして「時間軸」を使えるようになると、ブログのネタに困ることはありませんが……これはまた別の機会に。

「狙う」は商売用ブログの基本に過ぎません。しかし、この基本すら教えずに「ブログ」を売りつけるホームページ屋が後を絶ちません。それはまるで運転方法を教えずに自動車を売りつけるようなものです。また冒頭に述べたように必ずしも「ブログ」が必要ではない客に売りつける様は、魚屋にトラクターを売りつけているようなもの。ところがこれが多くて多くて。

今回のポイント

商売用ブログは狙う。

続けるためには関連力を磨く。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]