コメント投稿

CSR

Corporate Social Responsibilityの略。一般的には「企業の社会的責任」と訳されることが多い。

企業の活動は基本的に「利潤の追求」を目的としているが、一方で21世紀に入ってからは「社員の心身の健康」「労働環境の整備」「社会的弱者の救済」「自然環境への配慮」「資源やエネルギーの保護」「コンプライアンスの順守」なども重視されている。CSRは、消費者、投資家、さらにはコミュニティや社会全体といったすべてのステークホルダー(利害関係者)を考慮し、“社会の一員”として企業の意志決定や活動を行うべきとする考え方だ。

経済・環境・社会など幅広い分野の変化をとらえ、それらを価値創造・市場創造に結び付けることによって、企業の競争力強化、持続的発展、経済全体の活性化、さらにはより良い社会作りを目指す。近年は、慈善活動や社会貢献活動を行い、年次でCSRレポートを公開する企業も増加している。また国際連合や国際標準化機構(ISO)により、CSRに関するガイドラインも策定されている。

8110
8110
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル