コメント投稿

タッチ決済とは?キャッシュレス化を加速させる非接触決済を徹底解説

タッチ決済とは、レジにあるリーダーに非接触決済対応のカードをタッチするだけで決済できる仕組みです。タッチ決済を導入するメリット、導入方法を紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

contactless_main.png

タッチ決済とは、レジにあるリーダーにタッチ決済(非接触決済)対応のクレジットカードやデビットカードをタッチするだけで決済できる仕組みです。

クレジットカードでのタッチ決済は、正確には「EMV contactless」といいます。ブランドごとに名称は異なりますが、Visaは「Visaのタッチ決済」、JCBは「JCB Contactless」、Mastercardは「Mastercard®コンタクトレス」、AMEXは「American Express Contactless」として展開しています。

日本クレジットカード協会(JCCA)の「2019年度 ICクレジットカードに関する消費者意識調査」によると、2019年7月時点でクレジットカードのタッチ決済の認知率は35%でした。一方、全体の70%がタッチ決済に魅力を感じているということも分かっています。

■クレジットカードのタッチ決済の認知率

contactless_01.png

■クレジットカードのタッチ決済の利用意向

contactless_02.png

→続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
010
010
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クチコミ
情報が人から人へと口伝えにつたわること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス