【メーカー・小売業者のデータ活用】販売チャネルの多角化の理由は「消費者動向の変化」、課題は「人的リソースの不足」 | ネットショップ担当者フォーラム

このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「【メーカー・小売業者のデータ活用】販売チャネルの多角化の理由は「消費者動向の変化」、課題は「人的リソースの不足」」 からご覧ください。

統合コマースプラットフォーム「ecforce」を提供しているSUPER STUDIOは、「メーカー及び小売事業者のデータ活用の実態に関する調査」を実施、その結果を発表した。

直近3年間における販売チャネルの変化について聞いたところ、「既存のECサイトをリニューアルした」が30.1%で最多。「新たにECモールへ出店を開始した」が27.7%、「直営店(路面店等の独立型店舗)の出店を開始した」が23.0%、「新たにECをはじめた」が22.6%で続いた。EC関連におけるチャネルの変化が目立っている。

統合コマースプラットフォーム「ecforce」を提供しているSUPER STUDIOは、「メーカー及び小売事業者のデータ活用の実態に関する調査」を実施直近3年間における販売チャネルの変化について

販売チャネルが多角化している理由については、「消費動向の変化」が最も多く37.5%。「新規顧客の減少」が33.8%、「売上の伸び悩み、拡大」が32.8%で続いた。

統合コマースプラットフォーム「ecforce」を提供しているSUPER STUDIOは、「メーカー及び小売事業者のデータ活用の実態に関する調査」を実施販売チャネルが多角化している理由

販売チャネルの多角化による課題について、最も多かったのは「人的リソースの不足」で45.5%。さらに「各チャネルごとの正確な評価がわからない(できない)」が40.9%、「予算の確保が難しい」が37.1%だった。

統合コマースプラットフォーム「ecforce」を提供しているSUPER STUDIOは、「メーカー及び小売事業者のデータ活用の実態に関する調査」を実施販売チャネルの多角化による課題について

販売チャネルの多角化によるデータ関連の課題は、「複数の販売チャネルで取得したデータ統合ができていない」が44.6%。このほか「複数の販売チャネルでデータの取得ができていない」が28.9%、「複数の販売チャネルのデータ統合はできたが、分析ができていない」が15.9%だった。

統合コマースプラットフォーム「ecforce」を提供しているSUPER STUDIOは、「メーカー及び小売事業者のデータ活用の実態に関する調査」を実施販売チャネルの多角化によるデータ関連の課題

データ関連の課題の要因は「各種データツールを導入しているが、ツールに課題があるため」が45.0%で最多。「データに関する専門人材の不足」が40.1%で続いており、導入ツールやデータ関連の専門人材の不足が課題となっている。

統合コマースプラットフォーム「ecforce」を提供しているSUPER STUDIOは、「メーカー及び小売事業者のデータ活用の実態に関する調査」を実施データ関連の課題の要因

データ活用において導入しているツールについて聞いた。年商1000万円未満および50億円以上の事業者では、「ツールを導入していない」という回答が多く、年商1000万円未満の事業者では42.4%、50億円以上の事業者では35.0%となった。

統合コマースプラットフォーム「ecforce」を提供しているSUPER STUDIOは、「メーカー及び小売事業者のデータ活用の実態に関する調査」を実施データ活用において導入しているツールについて

ツールを導入している事業者のうち、課題については「ツールが煩雑で使いこなせていない」という回答が38.1%で最多。「見たいデータが見れていない」が33.7%、「データ連携やデータセットの設計が難しい」が30.2%だった。

統合コマースプラットフォーム「ecforce」を提供しているSUPER STUDIOは、「メーカー及び小売事業者のデータ活用の実態に関する調査」を実施ツールを導入している事業者の課題

ツールを導入していない理由について、年商1億円から50億円未満の事業者では、人的リソースや専門人材が不足している状況。ツールの導入率が低い50億円以上の事業者では、エクセルなどの手法で足りていると回答した割合は3割程度だった。

統合コマースプラットフォーム「ecforce」を提供しているSUPER STUDIOは、「メーカー及び小売事業者のデータ活用の実態に関する調査」を実施ツールを導入していない理由について
調査概要
  • 調査期間:2024年3月21~28日
  • 調査対象者/調査対象数:メーカーおよび小売事業者の経営層・事業責任者・マーケティング担当者/責任者の535人
  • 調査対象選定方法:アンケートをもとに所定の条件に合致する対象者を抽出
  • 調査方法:インターネット調査
  • アンケートモニター提供先:ゼネラルリサーチ
  • 調査企画:株式会社SUPER STUDIO

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:【メーカー・小売業者のデータ活用】販売チャネルの多角化の理由は「消費者動向の変化」、課題は「人的リソースの不足」
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]