アウトドア用品ECのヤマップ、損害保険会社を設立。ビッグデータを活用した新しい形の保険とサービスを提供 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2024年5月29日(水) 08:30
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「アウトドア用品ECのヤマップ、損害保険会社を設立。ビッグデータを活用した新しい形の保険とサービスを提供」 からご覧ください。

アウトドア用品のECや登山アプリの開発などを手がけるヤマップは、100%子会社の損害保険会社を設立した。損保代理店として5月28日から、損害保険商品2種類の販売を開始している。

ヤマップが設立したのは、「株式会社ヤマップネイチャランス損害保険」。ヤマップのプラットフォームに蓄積したビッグデータを活用し、新しい損保商品を提供していく。

アウトドア向けの保険商品で、日常のけがからアウトドア活動中の遭難救助費用までを保証する。万が一の場合には、目撃情報収集サービスが付帯された「外あそびレジャー保険」をリリース。同時に家財とアウトドア道具を補償する「アウトドア家財保険」も提供する。

ヤマップネイチャランス損害保険が提供していく保険商品

ヤマップは損保代理業を通して得た収益の一部を、登山者の人命救助や遭難防止活動など、登山道保全活動に充当するという。

また、プラットフォームに蓄積した行動データを活用して、リスクに基づき保険料が可変するダイナミックプライシング型「テレマティクス保険」を、2024年夏ごろをめざして開発していく。

行動データを活用した保険商材を開発していく

ヤマップは2013年3月にサービスを開始したアウトドアに関するのベンチャー企業。このほど、MCPグループが運営する投資事業有限責任組合をリード投資家とするシリーズDラウンドにおいて、第三者割当増資などを合わせ、総額20億4000万円の資金を調達。損保会社を設立した。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:アウトドア用品ECのヤマップ、損害保険会社を設立。ビッグデータを活用した新しい形の保険とサービスを提供
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

メタデータ
「データのデータ」。あるデータや情報の属性や特徴を表す付随的な情報を指す。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]