ショッピング キャンペーンのレポート機能がさらに充実 | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2014年11月21日(金) 13:30
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「ショッピング キャンペーンのレポート機能がさらに充実」 からご覧ください。
Posted by Dimitris Meretakis - Google ショッピング プロダクト マネージャー


昨年 Google では、ショッピング キャンペーンの表示回数やクリック数を増やしたり、機会損失の有無を把握したり、モバイルでの広告露出度(SOV)を確認したりできる競合状況データを導入しました。今年はさらに分析機能が追加され、ショッピング キャンペーンのさらなる改善や、さまざまな端末のユーザーへのアプローチにお役立ていただけるようになりました。

  • オークション分析レポートでは、お客様の商品リスト広告の掲載結果と、同じオークションに参加している他の広告主の掲載結果を比較することができます。インプレッション シェア、重複率、上位表示シェアを分析することで、同業他社の傾向やキャンペーンの改善チャンスを把握することができます。



  • 検索インプレッション シェアが充実し、キャンペーン、広告グループ、商品グループ単位での広告露出度(SOV)を [詳細分析] タブで分析できるようになりました。インプレッション シェア損失率(予算)では、予算が原因で表示が制限されてしまったキャンペーンを、インプレッション シェア損失率(広告ランク)では、改善の余地があるキャンペーンを特定することができます。なお、Google では検索インプレッション シェアをアカウントごとに計算するようになったため、10 月と 11 月のインプレッション シェアに差異が生じる可能性があります。



  • 端末と時間を基に分割できるようになりました。オークション分析レポートを端末と日で分割すると、例えば週末にかけてのモバイルでのインプレッションを同業他社と比較し、入札単価戦略の見直しにつなげることができます。また、キャンペーンや広告グループのインプレッション シェアを端末ごとに確認することもできます。



  • 入札単価シミュレーション列には、現在とは別の入札単価を設定していた場合に推測される掲載結果が表示されます。この列を [商品グループ] タブに追加すると、クリックの大幅な増加が見込める商品グループなどを特定できます。



  • 商品グループの表示方法を指定できるようになりました。掲載結果の表の上のアイコンをクリックすると、商品グループの構造を表示するか、すべての商品グループを一覧表示するかを選ぶことができます。一覧表示 を選ぶと、掲載結果データを基に広告グループ内の商品グループを並べ替えることが可能です。たとえば、インプレッション シェアが低い商品グループを特定し、入札単価を調節したい場合などに便利です。



こうした分析機能を、高い売上が期待できる商品グループの特定や、ショッピング キャンペーンのさらなる改善にお役立てください。Google では、今後もさまざまなレポート機能を開発していく予定です。オークション分析検索インプレッション シェア入札単価シミュレーションの詳細については、ヘルプセンターをご覧ください。
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]