AdWords API の料金体系の変更について | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2013年2月5日(火) 10:30
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「AdWords API の料金体系の変更について」 からご覧ください。
Posted by S Srikanth Belwadi - Product Manager, AdWords

2013 年 3 月 1 日より、開発者による AdWords API のご利用を無料にいたします。AdWords API の優待料金制(英語、以下同様)は廃止されます。

3 月 1 日以降、API のアクセス権は、ベーシック アクセスとスタンダード アクセスの 2種類になります。ベーシック アクセスはデフォルトのアクセス権で、1 日あたりのオペレーション数の上限は 1 万回です。スタンダード アクセスは認定された開発者が対象で、1 日のオペレーション数に制限はありません。ベーシック、スタンダードのどちらのアクセス権でも、AdWords API のご利用に料金は発生しません。

必要な手続き
AdWords API の開発者トークンをお持ちで、1 日に実行するオペレーション数が 1 万
回未満の方は、手続きは何も必要ありません。ベーシック アクセスでご利用いただけます。

1 日に 1 万回を超えるオペレーションが必要な方は、スタンダード アクセスが必要になります。こちらのフォーム(英語)からスタンダード アクセスにお申し込みください。

これまでの AdWords API ご利用履歴や、Google にご提供いただいている詳細情報によっては、既にスタンダード アクセスの対象者として認定されている方もいらっしゃいます。その方々には、今後 1 週間以内に Google から連絡し、その旨をお知らせする予定です。マイ クライアント センター (MCC) のアカウントにて、開発者トークンに登録されている連絡先メール アドレスが、現在お使いのアドレスになっていることを確認してください。Google からの通知が来ない場合、あるいは 2013 年 2 月 28 日までにスタンダード アクセスへのお申し込みがない場合は、2013 年 3 月 1 日以降、お持ちのトークンはベーシック アクセス用となります。

AdWords API 利用規約の遵守
API を使用する開発者は全員、必須の機能要件も含め(該当する場合)、AdWords API の利用規約に従っていただく必要があります。利用規約に違反している場合は、警告通知をお送りしますので、所定の期間内に適切な修正を行ってください。この初回通知の期間終了までに是正されない場合は、最大 3 箇月の猶予期間が与えられます。その間は、毎月、違反金(初回の違反通知を受け取った月の前月に使用したオペレーション 1 万回につき 10 米ドル)が課せられます。違反が続く場合は、API アクセス権は取り消されます。

詳細情報
今回の AdWords API 料金体系の変更に関する詳しい情報は、AdWords API 開発者向けサイトにある改定版のレート シートFAQ のページをご覧ください。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセスカウンタ
特定のページに何回アクセスがあったかを計測するプログラム。無償プログラムとして配 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]