『ソーシャルメディア白書2012』が出版されました! | ikedanoriyuki.jp | Tribal Media House, Inc.

ikedanoriyuki.jp | Tribal Media House, Inc. - 2012年2月21日(火) 15:00
このページは、外部サイト ikedanoriyuki.jp | Tribal Media House, Inc. の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「『ソーシャルメディア白書2012』が出版されました!」 からご覧ください。

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、ソーシャルメディア領域でたぶん国内初となる 『ソーシャルメディア白書2012』 (株式会社トライバルメディアハウス+株式会社クロス・マーケティング編著)が翔泳社より出版されました。本日からAmazonでも販売が開始され、早速在庫切れになっております…orz

本白書のために、10,000人の消費者調査と、400社の大手及び上場企業へ独自調査を実施しました。
興味深いデータが満載ですので、ぜひご覧ください。

<目次>
第1章 ソーシャルメディア利用者の推移
1-1. 利用者の推移サマリー

第2章 ソーシャルメディアの利用概況
2-1. 利用実態にみる日本におけるソーシャルメディアの現状
 利用実態にみる日本におけるソーシャルメディアの現状
 6つの主要コミュニケーションサービスにおける重複利用の概況
 ソーシャルメディアの利用シーン
 ソーシャルメディアの利用頻度
 ソーシャルメディアの利用デバイス
 ソーシャルメディア利用のきっかけ
 ソーシャルメディア利用の目的
 ソーシャルメディア利用者の利用満足度
 ソーシャルメディア利用者の継続利用意向
 ソーシャルメディア利用をやめた理由
 ソーシャルメディア非利用者における利用意向
 チェックイン・チェックインクーポン・ハッシュタグの利用動向
2-2. ソーシャルグラフ(人間関係)とコミュニケーション概況
 ソーシャルグラフ(人間関係)の規模
 ソーシャルメディアにおけるコミュニケーション相手の類型と割合
 ソーシャルグラフ経由における情報接触後の行動
2-3. プライバシーの設定
 プライバシー設定の概況(実名・ニックネーム・匿名)
 プロフィール写真の設定
 勤務先の公開設定
 投稿の公開範囲設定
2-4. リスクへの意識と行動実態
 リスクへの意識
 リスクの高い行動の実態

第3章 企業ブランド調査
3-1. Twitter、mixi、Facebookにおけるブランドコミュニケーションの概況

第4章 企業のソーシャルメディア活用実態調査
4-1. 企業におけるソーシャルメディアの活用動向

     +     +     +

なお、Markezineで調査サマリーが掲載されていますので、ご興味がある方は覗いてみてください。
いくつかグラフも掲載しています。
 ・ 消費者調査サマリー(Markezine 2012年2月13日掲載)
 ・ 企業調査サマリー(Markezine 2012年2月20日掲載)

あと、2012年3月16日(金)19時から出版記念として白書データの解説セミナーをやります。
お申し込み多数につき、50席増席したものの、抽選になってしまうようですが、ご都合が合う方は是非お申し込みください。
※抽選お申し込みページはこちら

宜しくお願い致します☆

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

RSSAC
ICANN(Internet Corporation for Assigned ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]