USJのXmasキャンペーン "Limited Christmas" スタート! | イケダノリユキのCommunitainment Blog

イケダノリユキのCommunitainment Blog - 2009年10月30日(金) 18:15
このページは、外部サイト イケダノリユキのCommunitainment Blog の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「USJのXmasキャンペーン "Limited Christmas" スタート!」 からご覧ください。

本日10月30日(金)18時、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのクリスマスキャンペーン "Limited Christmas" スペシャルサイトがついにオープン致しました!


Uwc_2


ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのクリスマスシーズン : ユニバーサル・ワンダー・クリスマス 2009 は、11月5日(金)から始まり、近畿エリアを中心にテレビCMなどが始まります。


Uwc_official


今回、我々がお手伝いしたのは、そのユニバーサル・ワンダー・クリスマス 2009 をさらに盛り上げるためのプラス企画。とにかく、ファミリーの方々に、「今年のクリスマスはUSJに行ってみよっか!」と思って頂き、実際に来場して頂くための気づきや動機を与えたい。そんな背景から生まれたのが、この "Limited Christmas" です。


某調査結果によると、日本人が一年を通して一番重要視するイベントの堂々1位は「クリスマス」。恋人たちにとっては一番ロマンチックな気分に浸れる日ですし、家族にとっては飾りつけやホームパーティー、そして何よりも子どもが寝静まってから枕元にそっとプレゼントを置く(お父さん・お母さんが子どものサンタクロースになる)瞬間や、翌朝の子どもの満面の笑顔など、幸せ感いっぱいです。


考えてみると、「サンタクロースを信じる子ども」って、殺伐とした現代社会に最後に残された「天使のような存在」だと思うんです。クリスマスの夜、サンタクロースのおじ(い)さんがトナカイに乗って全世界の良い子のところにプレゼントを届けにきてくれる。大人になるとすっかり忘れてしまうこんなファンタジーを心から信じているって何てステキなことなんだ!「サンタクロース」というのは、お父さん・お母さんが子どもにかけてあげる、「やさしいやさしい魔法」なんだって思うようになりました。


同時に、「子どもがサンタクロースを信じなくなる」(この世界にサンタクロースはいないということに気づく)歳は、いったい何歳くらいなんだろうと調べてみると、だいたい8~12歳くらいみたいで、平均小学校4年生くらいで信じる子と信じない子が分かれていくようなんです。


確かに僕も小学校4年までは枕元にあるプレゼント(最後はNintendo Game Watch "シェフ"だった記憶が・・・)を見て、2階のベッドルームから両親がいる台所まで駆け下り、「すごいよすごいよ!サンタさん来てくれたよ!一番欲しいものわかってくれてたよ!」なんて、今思うとほほえましいのを通りこしてこっぱずかしい感じだったりしました。


小学校も高学年になってくると、徐々に友達とかに「なんだよお前、まだサンタクロースなんて信じてんのかよ。サンタなんていないよ、お前のお父さん・お母さんなの!」なんてことを吹き込むおませさんが出現し、「うそだうそだ絶対うそだ!サンタはいるんだ!」なんて、これまたほほえましい子ども同士の喧嘩が始まったりしているようで。


そんなこんなも中学に入ると、もうほぼ全員サンタクロースの魔法が解け(さらに信じていたことすら忘れ)、クリスマスは「友達を過ごすもの」に変わっていきます。つまり、サンタクロースを信じているくらいの年頃までは家族と過ごし、ちょうどサンタクロースの魔法が解ける年頃からクリスマスは友達と過ごすイベントに変わって行くという事実。


ということは、お父さん・お母さんが「サンタクロースを信じる子ども」と一緒にクリスマスを過ごすことができるのは、赤ちゃんの時代を含めてもたった10回くらいしかないんだ!という当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、驚愕の事実に気づくことになったのです。


これはもったいない。いろいろと忙しいクリスマスシーズンですが、今年のクリスマスはもう2度と戻ってこない。「サンタクロースを信じる天使のような子ども」と一緒に過ごすクリスマスがいかに貴重なものなのか、気づいて欲しい!ぜひ、家族みんなで「大阪で一番クリスマスな場所(USJ)」で最高の思い出を残して欲しい。。これがLimited Christmasのコンセプトです。


Special Movieは11月20日(金)に公開予定ですが、本日、「短編小説」と「先輩ママからの手紙」が公開されています。


短編小説は、映画作品「子ぎつねヘレン」、「天使の卵」、「ぼくとママの黄色い自転車」、テレビ作品にNHK朝ドラ「つばさ」に脚本協力をするなど、多くの実績を持つ今井雅子さんにご協力頂きました。


Uwc_novels_1_2


短編小説は全4篇で構成されていて、手前味噌ですが、新幹線の車中で初めて原稿を読んだときは、リアルに泣いてしまいました・・・。(↓)のように読むことができますので、みなさん、ぜひ一度読んでみてください。


Uwc_novels_2


また、「先輩ママからの手紙」は、サンタさんの魔法が解けてしまったお子さんを持つ先輩ママから、「自分の子どもが小さいときに、もっとこんなことをしておけば良かった、してあげればよかった」ことについて綴って頂いたもの。全てノンフィクションなので、説得力があります。


Uwc_letter_1


僕はまだ子どもがいませんが、将来子どもを授かったときには、サンタクロースのやさしい魔法をかけまくって、子どもがサンタクロースを信じているうちは、最高のクリスマスの思い出を残したい!と強く思いました。


みなさんも、ぜひ良いクリスマスを!(気が早い?)



-----



下記与件情報です。今回も本当に多くの方々の協力によってスタートを切ることができました。クライアントを始めとした皆様、本当にありがとうございました!


●クライアント:

株式会社ユー・エス・ジェイ
●プロジェクト名:

Limited Christmas(リミテッド・クリスマス)

http://www.usj.co.jp/limited
●アカウント:

ネットイヤーグループ株式会社
●プロモーション統括(企画・全体プロデュース):

株式会社トライバルメディアハウス
●Webサイト及び映像企画制作:

株式会社ティ・ワイ・オーインタラクティブデザイン
●短編小説:

今井雅子さん


※スペシャルムービーは、11月20日(金)の公開を予定しています。こうご期待!


みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]