スポンサードサーチ再入門

スポンサードサーチ活用による地方企業の販促ポイント

ページ

[AD]

スポンサードサーチ活用による
地方企業の販促ポイント

地方の中小企業は、どのような点に気を付けると、ネットでの販促を成功させることができるのだろうか。「唯一の正解」が存在するわけではないが、これまでの経験から得たヒントを荻原氏が語ってくれたので紹介しよう。これらは、地方の中小企業やベンチャー企業、そして同じYahoo!リスティング広告の代理店にとっても参考になるはずだ。

ソウルドアウトが考える地方&中小企業の販促ポイント
  • 顧客ターゲットを絞って出稿する

  • 実店舗での成功体験にこだわらない、事実に基づく効果検証をする

  • 効果の高い施策に資源を集中投下する

  • 売り方を根本から見直してみる

1つ目は、Yahoo!リスティング広告のターゲティング機能をうまく使いこなすことが鍵となる。リスティング広告では特に自社の商品の強み、セールスポイントを盛り込んだ魅力的な広告を作成することがポイントだが、その魅力的な広告をターゲットに届くように設定することが重要だ。しかし、自社の製品のターゲットを正確に把握できていない、もしくはターゲット設定をしていない広告主もいる。

たとえば、地元の特産品をネット通販で購入するのは、それ以外の地域の人である可能性が高い。この場合、Yahoo!リスティング広告のスポンサードサーチで地域ターゲティング機能を使い、過去のデータ分析から購入者が多い地域に絞って広告を表示する。このようなきめ細やかな設定をすることで大きな効果がみられたという。

平松朋之氏
ソウルドアウト株式会社
広告事業本部 プロダクト部リーダー
平松朋之氏

2つ目は、地道な効果検証だ。実店舗で成功した方法が、そのままネットでも通用するとは限らないと肝に銘じておくべきだという。「実店舗での商売が地域大会だとすれば、ネットでの商売は全国大会です。地域大会で通用した強みであっても、それが全国大会でも通用するとは限りません。実店舗ではその地域でNo.1を目指すわけですが、同様に全国でNo.1を目指すことはとても難しいことです。ネットでは、ターゲティングをはじめ多様な施策が考えられます。また、お客さまの商品ごとにも最適な方法は異なるため、それを見つけることが重要です。その裏には地道な効果検証が必要なのです」と広告事業本部プロダクト部リーダーの平松朋之氏は指摘する。スポンサードサーチでキーワード変更や広告テストは3か月を目安として効果検証し、改善をしているという

3つ目は、限られた資源をできるだけ集中させること。荻原氏によれば、中小規模のビジネスでは、リスティング広告の運用改善が最も費用対効果が高い施策だという。だとすればYahoo!リスティング広告に資金や人材を投下し、集客の改善を集中して行うのが得策だ。この際に注意すべき点として、荻原氏は「最初から力を入れて大きな金額を準備して始めるよりも、まずは小さくテストマーケを実施し、勝ち方を学ぶことが大切です。それが分かってから勝負しても遅くありません」とし、さらに「リスティング広告以外の施策もいろいろ試したいとおっしゃるお客さまもいますが、そこは気持ちを抑えて、目標達成に向けて利益を出せる体質になるまでは、手を出さない方が良いでしょう」とアドバイスする。少し古い言葉になるが、「選択と集中」が中小企業やベンチャー企業では特に大切になる

そして4つ目が、売り方そのものを見直してみることだ。「弊社では、たとえばエンドユーザー(お客さま)に定期購入をしていただくための方法論、LTV(顧客生涯価値)を指標としたトライアル販売など、広告の枠にとらわれないサービス内容の改善まで踏み込んだ提案をすることもあります。利益創出を念頭に置いた売り方、これを改善することで、エンドユーザーに喜んでいただき、売上がアップするケースは多いです」と荻原氏は説明する。

◇◇◇

リスティング広告に初めて取り組むという企業でも、すでに導入済みの企業でも、これから代理店のサポートを得ることを検討している企業でも、この4つのポイントに注意してみよう。「東京の企業には負けたくない」、そう考えている地方ネットショップ経営者は、ぜひ試してみてほしい。

リスティング広告は導入して終わりではない。効果検証と改善を通してお客さまの売上アップが明確に数字にあらわれる。「売上をもっと伸ばしたい、Webでの売上を劇的に伸ばしたい、そういった成長意欲の高いお客さまと共に成長していきたい」と荻原氏は強調する。

契約リピート率9割超え、この数字が示すように、今後も長期的なお客さまとの関係を大切に、Yahoo!リスティング広告の正規代理店として、地方のお客さまをますます盛り上げていきたいという

荻原猛氏と平松朋之氏
ソウルドアウト株式会社
ソウルドアウト株式会社
  • 本社所在地 ● 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-4 ダヴィンチ小川町4F
  • 事業内容 ● SEM運用支援事業(PC、mobile)、アフィリエイト運用支援事業、マーケティング事業、インターネット広告全般の代理店事業、Webサイトの企画、作成
  • URL ● http://www.sold-out.co.jp/
[AD]

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]