Yahoo!プロモーション広告 特選記事
Yahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータル特選記事

サーチキーワードの選び方

サーチキーワードの選び方を解説します。
[AD]

この記事は、Yahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータルで公開されているリスティング広告「業界情報」の記事を、ヤフー株式会社の許諾のもと転載しています。オリジナルの記事はYahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータルのサイトでご覧ください。

サーチターゲティングは、“顕在化されたニーズ”である「検索キーワード」でターゲティングを行うため、興味関心の明確なインターネットユーザーに対して広告配信が可能です。その効果を最大限発揮するためには、サーチキーワード選びが大切なポイントです。

サーチキーワードは、大きく2つの観点に分けて考えていきましょう。

1. スポンサードサーチでパフォーマンスの良いキーワード

スポンサードサーチで効率よく成約に結びついているキーワードなら、サーチターゲティングでも成約に結びつく可能性が高いと考えられます。

まずは、現在運用しているスポンサードサーチのキーワードを参考に設定しましょう。

2. ウェブサイトにコンテンツのないキーワード

サーチターゲティングは、スポンサードサーチと同様に「キーワード」を元に広告を配信する機能ですが、スポンサードサーチでは使用することができない多彩なキーワードを、サーチキーワード候補から選択できるメリットがあります。

サーチキーワードから連想できるキーワード

サーチキーワードリストに登録したキーワードから、ターゲットとなるインターネットユーザーの人物像や行動を想像して、キーワードの候補を広げます。

例えばインテリア関連の広告を運用している場合には、「部屋探しや引っ越しをした人は、新居で使う家具を探す可能性が高い」と連想できます。そこで、サーチキーワードとして「新築」や「賃貸」、「引っ越し」などを登録することで、より配信対象が拡張します。

サーチキーワードリストを作成した時点では想像していない未知のターゲット層まで範囲を広げたプロモーションが実現します。

競合他社のブランド名や商品名

スポンサードサーチでは登録できない、競合他社の商品名やブランド名も、サーチターゲティングならサーチキーワードリストに登録することができます。類似した商品を探しているインターネットユーザーを獲得することができます。

キーワード選びに迷ったら「おすすめサーチキーワードリスト」

「おすすめサーチキーワードリスト」は、検索数の多いおすすめキーワードを、テーマごとにリスト化しています。

「注目サーチキーワードリスト」「月別から探す」「業種別から探す」の3つの項目別に選択できるので、自社の商材に近いテーマのサーチキーワード候補を探してみましょう。検索実績があるキーワードのリストから簡単に追加することができるので、登録するキーワードに迷うことなく設定できます。

オリジナル記事はこちら:サーチキーワードの選び方(2014/05/21)

[AD]
Content Copyright © 2013-2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ローカルナビゲーション
サイト内のコーナーごとのナビゲーション。 サイト全体で共通して表示されるグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]