Microsoft Teams導入方法をデジマチェーンが解説!マスト7機能と便利7機能

「Teamsを導入したいが、マニュアルがないと聞いた」 「まだ導入事例も少ないため、困った時にどうしたら良いか不安」テレワークのプロ デジマチェーンがTeamsの使い方を導入から解説、活用できる場面や覚えておくと良い便利な機能をスクリーンショットとともに解説します。 この記事を最後まで読むことで基本的な使い方を理解し、実際に導入後もスムーズに社内に浸透させることができるでしょう!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「Teamsを導入したいが、マニュアルがないと聞いた」
「まだ導入事例も少ないため、困った時にどうしたら良いか不安」

Microsoft Teamsは、現場で使える1歩踏み込んだマニュアルが意外に揃っていません。

実際に導入した後に使いこなせなければ、導入費用が無駄になってしまうこともあります。

デジマチェーン編集部は、2019年の立ち上げより全メンバーがテレワークで業務を行っています。

テレワークのプロ デジマチェーンが、Teamsの使い方を導入から解説、活用できる場面や覚えておくと良い便利な機能をスクリーンショットとともに解説します。

この記事を最後まで読むことで基本的な使い方を理解し、実際に導入後もスムーズに社内に浸透させることができるでしょう!

Teamsで会議を行う際の必須知識を知りたい方はこちらの記事で詳しく解説しています。

【Teams便利機能】画面分割が大進化!画面共有・Salesforce連携解説

はじめに…週4時間で売上2,000万円の新規事業はじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

Web広告代理店事業を立ち上げたい方のご相談はこちら

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

1.Microsoft Teamsの使い方を導入から徹底解説

Teamsの使い方を導入から徹底解説していきます。

  1. Teamsの導入の仕方
  2. ユーザーの追加の仕方
  3. チームの作成の仕方
  4. チャンネルの作り方
  5. メンションの送り方
  6. 通話の使い方
  7. 会議の始め方

ライセンスを購入する前に自社内でテストを行い、そこからライセンスを購入するのがオススメです。

基本機能のマニュアルは公式サイトでも閲覧できます。

UIがやや分かりづらいという口コミも出ていますが、実際に利用するとさほど難しいものではありません。

画面スクリーンショット付きで解説していくので、実際に利用しているイメージを持ちながら読み進めていってくださいね。

(1)Microsoft Teamsの導入の仕方

まずTeamsの導入方法から説明していきます。

  1. 無料版のサインアップの仕方
  2. 有料版の購入の仕方

テストで無料版を利用する場合、また有料版の購入をそれぞれ解説しますね。

#1:無料版のサインアップの仕方

無料試用版を利用する場合は、…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

2.Microsoft Teamsを活用する場面の3つの事例

次にTeamsを活用する場面の事例を3つ紹介します。

  1. 在宅で仕事をする時
  2. 全国の支店や営業所との会議
  3. チーム内でファイル共有や連絡事項を伝える時

このような場面でTeamsを活用し、業務効率化やコミュニケーションの活性化に役立てることができます。

(1)在宅で仕事をする時

Teamsを活用する1つ目の場面は在宅で仕事をする時です。

24時間営業のコールセンターなど遠隔で…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

3.知っておくと便利なMicrosoft Teams5つの機能

知っておくと便利なTeamsの機能を5つ紹介します。

  1. 改行する
  2. チームを検索する
  3. チャネルをフォローする
  4. チャネルを非表示にする
  5. チャネル上に共同作業できるアプリを追加する

覚えておくと便利なので、Teamsを使う際にはぜひ覚えておきましょう。

(1)改行する

知っておくと便利なTeamsの機能1つ目は改行の方法です。

チャット画面からメッセージを作成中、改行しようとEnterを…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

まとめ

今回はマイクロソフトの提供するTeamsの使い方について解説しました。

基本的なマニュアルは先ほども紹介した通り公式サイトに掲載されています。

また有料版を購入すれば24時間365日の電話・メールでのサポートを受けることも可能です。

まずはテスト版の導入で一部の部署からチャットや通話を試し、問題がなければライセンス購入をして全社の導入をするのがオススメ。

せっかくのツールを使いこなせなければ、リモートや新しい働き方の浸透も難しいからです。

今回紹介したTeamsの基本の使い方、そして知っておくと便利な機能を活用してみてください。

新しいコミュニケーションツールTeamsを使いこなし、快適かつ効率の良い業務環境を作りましょう!

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]