今さら聞けないLINE WORKSの7つの特徴と導入事例をデジマチェーンが解説

「カレンダー機能が充実したコミュニケーションツールを導入したい」 「最近広告でもよく表示されるLINE WORKS、機能面や導入事例はどんなものなんだろう?」広告代理店支援のデジマチェーンがLINE WORKSの概要や特徴、費用やメリットデメリット、そして導入事例までを紹介します。 使用しているコミュニケーションツールに不満がある方、LINE WORKSを使ってみたいと思うでしょう!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「ChatWorkを使っているけど、カレンダー機能の面でもっと充実したコミュニケーションツールを導入したい」
「最近広告でもよく表示されるLINE WORKS、機能面や導入事例はどんなものなんだろう?」

LINE WORKSはあの有名な無料チャットツールのビジネス版、まだ導入事例が少なく決め手を測りかねている方も多いでしょう。

リリースされて間もないとはいえ、2万7千社以上の企業が導入、成功事例を出しているツールです。

しかし機能をよく調べてみるとLINE WORKSは優秀な機能を兼ね備えていて、非常に導入・運用しやすいことが分かりました。

今回はLINE WORKSの概要や特徴、費用やメリットデメリット、そして導入事例までを紹介します。

導入を検討している方や自社で使用しているコミュニケーションツールに不満がある方、最後まで読めばLINE WORKSを使ってみたいと思うでしょう!

週4時間で売上2,000万円の新規事業はじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

Web広告代理店事業を立ち上げたい方のご相談はこちら

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

1.LINE WORKSの7つの特徴

LINE WORKSの概要や特徴を紹介します。

  1. おなじみのチャットツールのビジネス版
  2. 見慣れたインターフェイスで操作が簡単
  3. ノート・予定・ファイルなどを共有可能
  4. 取引先とのグループ作成でコミュニケーションも円滑
  5. 連携ツールの種類も豊富
  6. Botを活用すれば勤怠管理や申請も可能
  7. 掲示板で重要事項を共有

ワークスモバイルジャパン株式会社が提供する新しいコミュニケーションツールです。

LINEの運営会社であるNAVERが提供しているツールなので、セキュリティ面も安心。

それでは特徴や機能を見ていきましょう。

(1)おなじみのチャットツールのビジネス版

LINE WORKSはおなじみのチャットツール”LINE”のビジネス版です。

今やほとんどの人のスマホにインストールされているLINEの…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

2.LINE WORKSを導入するのに必要な費用

次にLINE WORKSを導入するのに必要な費用を紹介します。

LINE WORKSは無料で導入可能で、その後は容量や管理機能・セキュリティ面の機能の違いにより月額で料金がかかります。

無料版はまずはお試しで使用感を確かめる場合、またはチーム内だけでコミュニケーションツールとして利用する場合にオススメです。

取引先との連携はできなので、外部とのコミュニケーションも使用したい場合はライトプラン以上が良いでしょう。

必要な機能を一度全部書き出して見てから、最小限のコストで済むプランを申し込んでみてください。

使用していくうちに不便を感じれば、いつでもアップグレードが可能です。

3.LINE WORKSのメリット・デメリット

LINE WORKSのメリットとデメリットを紹介します。

メリットは3つ、デメリットは1つだけです。

機能や料金面の他に、コミュニケーションツールとして優れている点や欠点を把握してから導入を検討しましょう。

(1)LINE WORKSを導入する3つのメリット

LINE WORKSを導入する3つのメリットを紹介します。

  1. スマホ・PCブラウザでも閲覧可能
  2. アンケートの作成や集計機能
  3. カレンダー機能が優秀

現在使用しているコミュニケーションツールと比較しつつ、メリットを見ていきましょう。

#1:スマホ・PCブラウザでも閲覧可能

LINE WORKSはスマホ・PCブラウザでも閲覧可能です。

スマホだけでは入力に時間がかかる作業も、PCを使って…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

(1)LINE WORKSを導入するデメリット

LINE WORKSを導入するデメリットを紹介します。

それは既読機能が面倒であることです。

社内のメールは開封通知を設定していない限り相手に閲覧はして返信を保留していることが分かりません。

プライベートで使用しているLINEと同じく既読がつくため、すでにメッセージを閲覧していることが相手にバレるわけです。

返信が遅いと気を悪くする人もいるでしょうし、「何か変なことを言ったかな」と気に病んでしまう人もいるでしょう。

取引先とのLINEにおいては、相手先を怒らせてしまう可能性すらあります。

非常に便利で機能も豊富なLINE WORKSですが、既読・未読の機能がつくことがデメリットです。

4.LINE WORKSの3つの導入事例

最後にLINE WORKSの導入事例を紹介します。

  1. 株式会社ヤナセ
  2. 有限会社いわさき
  3. 株式会社ウエスト

以上の3社の課題・導入の結果をまとめましたので、導入前の検討材料に使ってくださいね。

(1)株式会社ヤナセ

株式会社ヤナセは輸入車の販売業の会社です。

顧客から「連絡を電話やSMSからLINEに切り替えて欲しい」という要望…

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

まとめ

今回は新しいビジネスチャットツールLINE WORKSについてご紹介しました。

現状のチャットツールが浸透しづらい、使いこなせないと感じている方はぜひ無料プランから導入してみてはいかがでしょうか。

成功事例にあるように、使い慣れたツールであることで社員教育が不要で、浸透しやすいのも大きなメリットです。

LINE WORKSの導入で社内コミュニケーションを活性化させ、より生き生きとした職場づくりを目指しましょう!

>>>>解説の続きを含む元記事についてはこちらをご覧ください。<<<<

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]