検索広告向けリマーケティング(RLSA)とは?設定方法と3つの活用例

検索広告向けリマーケティング(RLSA)について、設定方法と3つの活用例をご紹介します。RLSAは自社サイトを訪問したことがあるユーザー向けに配信内容をカスタマイズできる検索広告の機能です。表示形式以外はディスプレイ広告のリマーケティングのイメージと大枠は同じになります。コンバージョン確度が高いユーザーへの配信量を強化できるといった活用もできますので、ぜひ導入をご検討ください!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ディスプレイ広告では主流のターゲティングであるリマーケティングですが、同じようなターゲティング方法を検索広告でも設定できることはご存知でしょうか。

検索広告向けリマーケティング(RLSA:Remarketing List for Search Ads)と呼ばれるもので、こちらの方が聞き馴染みがあるかもしれません。

とは言え、検索広告向けリマーケティング(以下、RLSA)の機能を知っていても、現在運用しているアカウントにどう活用するか迷ってしまう方もいるかと思います。実際、担当案件を持ってから半年を過ぎたくらいの自分もそうでした。

今回の記事では、RLSA の概要に加えてメリットや設定方法を過去の自分に分かりやすく教える気持ちで解説したいと思います。少しでも皆さんのお役に立てたら光栄です。

検索広告向けリマーケティング(RLSA)の概要

RLSAは、自社サイトを訪問したことがあるユーザー向けに配信内容をカスタマイズできる検索広告の機能です。この機能によって、サイト訪問者に向けて表示させる検索広告をカスタマイズしたり、入札単価を調整したりすることが可能です。

代表的な広告媒体である、Google と Yahoo! の検索広告で配信可能で、設定をするにはサイト訪問履歴を蓄積するリマーケティングリストを使用します。また、Yahoo! では RLSA ではなく、サイトリターゲティングと呼びます。

リマーケティングというとディスプレイ広告のイメージが強いと思いますが、表示形式以外は検索広告と大きく異なる点はなく、サイト訪問者に広告表示させるという大枠は一緒です。

利用可能なユーザーリスト一覧

RLSA で利用できるリストは、以下の6つです。Google ではすべてのリストが使用できますが、Yahoo! で取り扱えるリストは、1の標準と2のアプリのみになります。

  1. 標準のリマーケティング リスト
  2. アプリのリマーケティング リスト
  3. YouTube 動画のリマーケティング リスト(Google のみ)
  4. Google アナリティクスのリマーケティング リスト(Google のみ)
  5. 顧客の連絡先情報にもとづくリマーケティング リスト(Google のみ)
  6. AdWords optimized list(=Google 広告の最適化リスト)(Google のみ)

上記の中でも、6.AdWords optimized list は聞き慣れない方もいるのではないでしょうか。これは、Google 広告において自動で生成されるリマーケティングリストです。

リスト自体が自動生成され、広告アカウントの最適化に利用できると Google 媒体側に判断されたオーディエンスが蓄積されていきます。蓄積されているユーザーの総数はオーディエンスマネージャーの一覧画面で確認することができます。

また、リスト選択後に「オーディエンスインサイト」を選択すると、どのようなユーザーがどれくらい蓄積されているかを確認することができます。

アカウントによって、オーディエンスやサイズは異なりますが、全体的にサイト訪問者に類似していると判断されたオーディエンスが蓄積されやすい傾向があるようです。

Google 広告管理画面 > オーディエンスマネージャー > オーディエンスインサイト

自動作成のリストについて – Google 広告 ヘルプ

RLSA の3つの活用例

RLSA を上手く活用することで、手間をかけることなくパフォーマンス良化できます。今回は RLSA を導入することで可能になることを3つ紹介します。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]