Google広告の新機能「分析情報」とは?広告管理画面で検索のトレンド情報がわかるように

今回の記事では、Google 広告の新機能「分析情報」について概要から使い方まで説明します。分析情報とは、お使いの Google 広告アカウントに合わせた検索のトレンド情報が表示される機能です。「トレンドを知る目的」としてはかなり有効な情報になります!2021年7月時点ではまだベータ版なので、表示されているアカウントが限定されていますが、今後に期待できる機能の1つです。ぜひ注目してみてください!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Google 広告の管理画面に突然あらわれた新機能「分析情報」に気づいた人はいますか?2021年7月時点ではまだベータ版のため、分析情報が管理画面に表示されていないアカウントがあるかもしれません。

この記事では、Google 広告の新機能「分析情報」について概要から使い方まで説明します。

分析情報とは?

お使いの Google 広告アカウントに合わせた検索のトレンド情報が表示される機能です。自社のアカウントに関連ある検索の中で、よく検索されている検索語句や、相対的に増えた検索語句を確認できます。

Google 広告管理画面 > 分析情報

広告運用で大事なのは、市場の動向に合わせて対応することです。いまは、消費者の行動変化が激しい時代といわれています。

変化の激しい時代の中で、広告運用するにあたりインプットしたい情報のひとつがトレンドです。分析情報は、アカウントに関するトレンド情報を提供してくれます。

Google 広告の分析情報は、2020年末頃からベータ版として使用できるようになりました。管理画面のサブページメニューに「分析情報」があれば利用できます。

Google 広告管理画面 > 分析情報

分析情報はアカウント単位で確認でき、表示されるトレンド情報は、アカウントに合わせてカスタマイズされた内容です。

トレンド情報は、「前週比」、「前月比」、「前年比」で表示されます。初期表示ではすべて表示されますが、特定の期間に絞り込むことも可能です。

Google 広告管理画面 > 分析情報 > トレンドの期間

前週比のトレンドは、Google 全体で過去7日間の検索インタレストをその前の7日間と比較したものです。

前月比は、Google 全体で過去28日間の検索インタレストをその前の28日間と比較したもの。そして、前年比は、Google 全体で過去28日間の検索インタレストを前年同期の28日間と比較したものになります。

検索インタレストは、注目されているキーワードに対する Google 検索での検索数を示すものです。

特定の期間におけるトレンドの検索数の最高点を100とし、その他を0~100の相対値で表します。期間におけるトレンドの検索数の増加率を確認できます。以下は、前年と比較したトレンドです。

Google 広告管理画面 > 分析情報

分析情報に表示されるトレンドは、「広告を掲載しているトレンド」と「お客様のビジネスに対して推奨されるトレンド」です。

Google 広告管理画面 > 分析情報

どちらも表示されることもあれば、どちらか一方だけのこともあります。また、それぞれのトレンドの結果が複数表示されることもあります。

トレンドを知るときは、トレンドの詳細も確認しましょう。各トレンドには、「トレンドの詳細を表示」のリンクがあります。

Google 広告管理画面 > 分析情報

クリックすると、クリックしたトレンドに関する「急上昇の検索語句」が表示されます。

詳細な情報として確認できるひとつが「急上昇の検索語句」です。急上昇の検索語句に表示されるのは、Google 検索全体の中で、自社アカウントに関連するよく検索されている語句になります。

Google 広告管理画面 > 分析情報

Google 全体で話題になっている検索語句を知ることができる機能です。

分析情報が使えないアカウントがある

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]