競合他社の出稿状況を手軽に知れる「Google広告オークション分析」とは?

Google 広告のオークション分析について、表示される指標の説明から、できることまでを分かりやすく解説しました。オークション分析とは、Google の検索広告とショッピング広告における競合企業との掲載結果の比較ができるデータのことです。オークション分析レポートは精度が高いので、納得感のある競合要因の分析ができます!いつでも手軽に確認できますので、ぜひ積極的にご活用ください。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

広告運用をしていて、以前お客さまからこのようなご相談をいただきました。

自社の Google 検索広告のクリック単価が上がっているようで…しかも、この前「〇〇」と検索してみたときに、ずっと1位で表示されていたはずの自社広告が2位になっていて、競合 A 社の広告が1位に表示されていたんですよね。A 社は広告の配信を強めてきているのでしょうか?

ご相談内容から、状況的に競合の A 社は配信を強めていそうです。しかし本当にそうなのか、また強めているとしたら、いつ頃からなのかは、データをもとに判断しないと分かりません。そのような時に、お客さまに対して納得感を持って理解してもらうために Google 広告の「オークション分析」を用いて説明してみましょう。

この記事では、Google のオークション分析について、表示される指標の説明から、使用してできることを分かりやすく解説します。

Google 広告のオークション分析とは

オークション分析とは、Google の検索広告とショッピング広告における競合企業との掲載結果の比較ができるデータのことです。

同じオークションに参加している競合企業の広告がどれぐらい表示されているのか、最上部に表示されている割合はどの程度か、自社よりも上に表示されることが多いのかなどを確認できます。オークション分析は以下のような画面で確認することができます。

Google 検索広告のオークション分析
Google ショッピング広告のオークション分析

オークション分析の確認方法は、Google 広告の管理画面にログインし、画面左に表示されている「キャンペーン」から「オークション分析」をクリックすると見れます。

Google 広告 > キャンペーン > オークション分析

オークション分析レポートは、当日分をリアルタイムで確認することはできません。

各指標の説明

オークション分析の指標には、普段使っている広告の管理画面ではあまり見ないものなので、まずは各指標の説明をします。なお、Google の検索広告のみ見れる指標もあるので、あわせて確認してください。

  • 表示 URL ドメイン
  • インプレッションシェア
  • 広告の重複率
  • 上位掲載率
  • ページ上部表示率
  • ページ最上部表示率
  • 優位表示シェア

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]