凸版印刷が「LINE」ビジネス版「LINE WORKS」と連携したリード獲得・養成サービス開始

ウェブ広告運用・コンタクト運用・分析の各ソリューションでリードの効率化をサポート
よろしければこちらもご覧ください

凸版印刷は、コミュニケーションアプリ「LINE」のビジネス版「LINE WORKS」と連携したリード(見込み客)獲得・養成サービスを2月に始めた、と2月26日発表した。セールス・サポートパートナーになっているモバイル通信サービス代理店事業のコネクシオと協業。同社のモバイル端末管理業務サービスと併せることで端末の導入から営業支援まで一括サポートが可能になる。

凸版印刷はさまざまな業界でマーケティング活動のシナリオ開発、施策実行、評価・改善を実施してきた。新たなサービスでは、このノウハウを活用してLINE WORKSでリードの効率化・高度化をサポートする。LINE WORKSの販売に加え、ウェブ広告運用、コンタクト運用、分析の各ソリューションと連携したサービスを提供。リードの獲得、育成、スコア化・選別を手掛ける。

提供サービスイメージ

アカウント費用は1ユーザー月300円から。今後、購買履歴、アクセスログ、営業支援ツールのデータなどとの連携も進める。LINE WORKSはチャット、スタンプ、掲示板、カレンダーなど仕事で活用できる機能と、ビジネス利用に必要なセキュリティや管理機能がある。使い勝手がLINEと同じため、ユーザー教育が不要なことも特長。ワークスモバイルジャパンが展開している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

mixi
2004年2月からサービスを開始したソーシャルネットワーキングサービス(SNS) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]