ネットショップで商品が売れない理由は?売れるネットショップになるための解決策

ネットショップを始めても、思うように商品が売れず悩んでいる人は少なくありません。この記事では、ネットショップで商品がなかなか売れない現状に悩んでいる人に向けて、ネットショップで商品が売れない理由を解説します。具体的な解決策についても解説するため、ネットショップの運営を軌道に乗せられるよう、ぜひ参考にしてください。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

(目次)

  • ネットショップで商品が売れない理由とは?
  • 売れないネットショップの解決策【集客編】
  • 売れないネットショップの解決策【Webサイト編】

この記事は、ネットショップかんたん作成のshop byが運営するオウンドメディア「ECナレッジ」から転載しています。  https://shopby.jp/ecknowledge/

ネットショップで商品が売れない理由とは?

ネットショップでなかなか商品が売れない場合、さまざまな理由が考えられます。商品を売れやすくするためには、現状においてなぜ商品が売れていないのかを理解することが重要です。
ここでは、ネットショップで商品が売れない場合に考えられる理由について、具体的に解説します。

ネットショップで売り上げが伸びない理由は?

■集客ができていない

ネットショップで商品を売るためには、戦略的に集客する必要があります。集客しているつもりでも、やり方が間違っていればネットショップへのアクセスは増えません。

そもそも集客のための対策を実施していないのであれば、新しく取り組む必要があります。SEO対策や広告出稿などさまざまな集客方法があるため、状況にあわせて実施しましょう。複数の方法を組みあわせれば、ネットショップへのアクセスを効率的に増やせます。

ただし、集客に力を入れてもアクセスが伸びず商品が売れない場合は、ほかにも理由がある可能性が高いです。ほかの理由についても検討し、あわせて対策を取り入れましょう。

■コンセプトやターゲットが不明瞭

商品が売れるネットショップは、コンセプトやターゲットなども明確に定められています。コンセプトやターゲットがはっきりしていないネットショップの場合、商品の魅力を顧客にあまり感じてもらえない可能性が高いです。

すでにある程度のアクセスを集めているネットショップなら、コンセプトやターゲットを定めて運営するだけでも売り上げを伸ばせます。どんな商品であり誰におすすめなのかを示し、スムーズに購入を検討してもらえるようにしましょう。

■商品の魅力がないor伝わっていない

コンセプトやターゲットを絞り込んで集客できても、顧客の求める商品がなければ売上にはつながりません。ターゲットにとって役立つ可能性が高い商品があっても、その魅力がきちんと伝わっていないと購入したいとは思ってもらえないでしょう。

売上を伸ばすためには、ネットショップ上で商品に関する情報をわかりやすく示す必要があります。説明文の書き方だけでなく、Webサイトのデザインも含めて検討してください。誰でもひと目で理解できるような説明を心がけ、顧客が見た瞬間に魅力が伝わるようにしましょう。

■リピーターを獲得できていない

新しい顧客を獲得するよりも、リピーターを確保して継続的に商品を購入してもらったほうが安定的な収益につながります。リピーターを増やすには魅力的な商品を扱うだけでなく、接客にも力を入れる必要があります。現状でリピーターが少ない場合は、接客に改善すべき点がある可能性が高いです。

顧客にリピーターになってもらうためには、常に顧客の目線に立って対応しましょう。購入から商品の発送まではもちろん、購入後のフォローも行うと顧客からの評価が高くなります。

売れないネットショップの解決策【集客編】

すでに解説したとおり、ネットショップの売上が伸びない理由はさまざまです。ネットショップで商品を売るためには、状況に応じた解決策を講じる必要があります。
ここでは、ネットショップで商品が売れない場合に取り入れたい解決策のうち、集客に関する対策を解説します。

ネットショップの売上対策を考える

■商品情報・商品画像

ネットショップを訪れる顧客は、基本的に自分が求める商品があれば購入したいと考えています。顧客が商品の購入に至っていない場合、求めている商品を見つけられていません。たとえば、ネットショップが見にくく希望に合致する商品のページへアクセスできていないケースや、商品の説明が不十分で購入をためらっているケースなどが考えられます。
顧客が商品を見つけて購入に至るようにするためには、スムーズに商品を見つけてすぐに特徴を理解できるようにする必要があります。カテゴリごとに分類し、商品の詳細情報や画像も充実させましょう。

■販促キャンペーン

商品がなかなか売れないときは、特別なキャンペーンを実施するのもひとつの方法です。たとえば、過去に商品を購入した顧客を対象として割引キャンペーンを行うと、リピーターの獲得につながります。
顧客にとって魅力的なキャンペーンを打ち出せば、再び同じネットショップで商品を購入しようと思ってくれる顧客も増えるでしょう。顧客の立場に立ち、どのようなキャンペーンなら商品を購入したくなるか検討してください。

■接客の改善

ネットショップでは直接顧客と関わる機会は少ないですが、売上を伸ばすには接客も重要なポイントになります。接客に力を入れればリピーターも増えやすく、安定した収益につながりやすいです。たとえば、顧客が商品を購入してくれた後は必ずお礼のメールを送信し、フォローしましょう。
丁寧な対応を心がければ、自然と顧客満足度も高めやすくなります。顧客からの信頼獲得がリピーターの獲得に直結するため、接客の改善にも力を入れてください。

売れないネットショップの解決策【Webサイト編】

ネットショップはインターネットを利用して開業するため、商品がなかなか売れないときはWebサイト上に問題がある可能性もあります。ポイントをチェックし、商品を売れやすくするための対策を取り入れましょう。
ここでは、ネットショップで商品が売れない場合に取り入れたいWebサイト上の対策について解説します。

ネットショップの売上を改善しよう

■サイトの導線

Webサイトが使いづらいと、顧客はスムーズに目当ての商品ページへたどり着けません。Webサイトは、顧客が訪問してから商品を購入するまでの流れを意識して構築しましょう。Webサイトの導線に問題があると、集客に成功しており商品の魅力をしっかり伝えられているとしても、商品が売れない可能性があります。
Webサイトのアクセス状況をチェックして離脱率が高い場合は、商品の購入にきちんとつなげられるよう導線を見直してください。効果的な対策を取り入れるためには、離脱している場所まできちんと特定する必要があります。

■サイトデザイン

Webサイトのデザインを美しく整えれば、商品の魅力もアピールしやすくなります。Webサイトにセンスがないというだけで離脱につながる可能性もあるため、デザインにはある程度こだわりをもちましょう。Webサイトのデザインを工夫し、商品を安心して購入できそうなイメージをもってもらうことも大切です。
ただし、あくまでもネットショップとして運営するからには、単に美しいデザインにすればいいわけではありません。コンセプトや扱っている商品の特徴にあわせ、世界観を統一しましょう。

こちらもチェック
売れるネットショップのデザインとは|印象と利便性に関するポイントと具体例を解説|ECナレッジ

■SEO対策

新しく立ち上げたネットショップへの流入経路は、主にGoogleなどの検索エンジンです。検索エンジンは一定の基準に基づいてWebサイトを表示しており、上位に表示されるためにはSEO対策が必要です。ユーザーにとって役立つ情報を多く掲載し、検索エンジンから評価される必要があります。

SEO対策をして検索エンジンから多くの人にネットショップへアクセスしてもらうためには、ある程度の時間がかかります。最初のうちはアクセスが増えにくいですが、コツコツ取り組むことが大切です。ほかの方法と同時並行でSEO対策に取り組み、アクセスアップを目指しましょう。

こちらもチェック
ネットショップでSEOを実施するためには?具体的な方法や成功のコツを解説|ECナレッジ

■広告出稿

SEO対策でアクセス数を増やすには時間がかかりますが、広告を出稿すれば短期間でアクセスアップを狙えます。集客のための予算に余裕がある場合は、SEO対策とともに広告出稿に取り組むのがおすすめです。

広告にはリスティング広告やリターゲティング広告などがあり、種類が豊富です。リスティング広告は、検索結果に設けられた広告枠に広告を表示させます。一方、リターゲティング広告は、過去に自社のネットショップを訪れたユーザーを対象として広告を表示させます。状況にあわせて広告の種類を選べば、より効果的に集客や売上向上につなげられるでしょう。

まとめ

ただネットショップを立ち上げるだけでは、商品はなかなか売れません。売上アップを目指すためには、さまざまな対策が必要です。商品が売れないときは理由を正しく把握したうえで、必要な対策をしっかり講じましょう。

NHN COMMERCE JAPAN株式会社のshop by(ショップバイ)は、初期費用や月額料金がかからないネットショップの無料作成ツールです。商品が売れるまでは一切コストが発生しないため、低リスクでネットショップを運営できます。URLを決めるだけでネットショップを立ち上げられ、専門知識も必要ありません。少ない負担でネットショップを運営するために、ぜひ活用してみてください。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]