WordPressのブロックエディタを使って、デジタル楽譜をWebサイトに表示する方法

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「WordPressのブロックエディタを使って、デジタル楽譜をWebサイトに表示する方法」を公開しました。

###

最近リリースされたOpenSheetMusicDisplayプラグイン (https://wordpress.org/plugins/opensheetmusicdisplay/) をご紹介します。このプラグインでは、WordPressのブロック機能を使ってデジタル楽譜をブラウザ上に表示させることができます。2016年にリリースされた同名のJavaScriptライブラリが元になっており、楽譜をレンダリングするJavaScript APIのVexFlow (https://www.vexflow.com/) と、デジタル楽譜をやりとりするためのオープンフォーマットであるMusicXML (https://www.musicxml.com/) を繋ぐ仕組みになっています。作者のMarin Jurcicは、「WordPressは最も人気のあるCMSですので、ユーザーが自分のWPウェブサイトで簡単に楽譜を表示できるようにプラグインを作ることにしました」と話しています。

これは、WordPressのブロックエディタの機能を大いに活かしたプラグインです。ほんの数年前までは、このようなことはWordPressのショートコード機能でしか実現することができませんでした。ユーザーにとっては多機能なショートコードの引数をすべて覚えたり、入力したり、プレビューで確認したりすることはとても面倒なことでしたが、今ではブロックエディターで楽譜の表示を直接操作し、簡単に変更することができるようになりました。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_4451

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]