LINE広告のフォーマット別入稿規定と作るべき画像サイズを紹介!クリエイティブ作成のポイントと注意点

今回の記事では、LINE 広告のバナーや動画の入稿規定やクリエイティブ作成時のポイントまでを詳しく説明します。LINE広告ならではの入稿時に注意したい2つのこととあわせて、クリエイティブフォーマット別のアスペクト比と推奨サイズを表にしてまとめました!最初からポイントを押さえたクリエイティブを配信出来れば、目標達成への近道ですので、ぜひ参考にしてみてください!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません

2018年の8月に大型アップデートがあり、徐々に LINE 広告を活用する企業が増えてきました。普段、自分の携帯でも様々な種類の広告を目にする機会も増えたのではないでしょうか。

一方で LINE 広告のことは、ある程度知っていても、実際に配信したことのあるという方はあまり多くないと思います。

この記事では、LINE 広告のバナーや動画の入稿規定やクリエイティブ作成時のポイントまでを詳しく説明します。

現在、他の媒体でバナー広告を運用していて、その画像を LINE 広告で設定する際の注意点も一緒に解説しています。是非、広告運用の際は参考にしてみてください。

LINE 広告とは

LINE 広告とは、コミュニケーションアプリ LINE に広告を出稿するための運用型広告プラットフォームで、アプリ内のトークリストやタイムライン、LINE NEWS などに広告を配信することができます。詳細については以下の記事をご覧ください。

▼LINE 広告を詳しく解説

 

獲得から認知へのフェーズで活用したいLINE広告。ターゲティングから配信面、入稿規定まで丁寧に解説

クリエイティブフォーマットと入稿規定 

ここではクリエイティブフォーマット別のアスペクト比と推奨サイズを画像と動画にわけて表にしてまとめています。

記事の続きはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nofollow
HTMLのrel属性に指定する値の1つ。主にリンク(a要素)に指定することで、「 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]