SEOに強いWebサイト構造【トピッククラスターとピラーコンテンツ】

Webマーケティング担当者なら誰しもが、検索エンジンのアルゴリズムアップデートに頭を悩ませているのではないでしょうか。今回は検索行動の変化について詳しく見ていきながら、今後のSEOの強みとなる「トピッククラスター」「ピラーページ」について解説いたします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

検索エンジンのアルゴリズムは日進月歩で常に進化し続けており、SEO対策をしても検索結果の上位に表示させるのは至難の業です。しかし最近、人々の検索行動に変化が起こっています。それに伴って検索エンジンはコンテンツに対する解釈や、検索結果の抽出において変化しつつあります。

この記事では、検索行動の変化について詳しくみていきながら、今後のSEOの強みとなる「トピッククラスター」「ピラーページ」について解説いたします。

>> SEOに強いWebサイト構造【トピッククラスターとピラーコンテンツ】の続きを読む

検索行動の変化とSEO対策の変化

検索エンジン初期と現在では検索に使用する単語の数が異なります。現在はスマートフォンの普及やGoogle Homeなどの音声認識デバイスが登場したこともあり、会話型の検索が増加しています。さらに、現在ではインターネット上に無数の情報が蓄積されています。そのため自分の知りたいことを検索しようとすると、必然的に検索ワードが長文化してしまうのです。

先述の通り、インターネット上には無数の情報が蓄積されているため、検索ユーザーは検索結果に表示されたページをひとつずつ開いて情報を見ていくよりも、記事のタイトルやスニペットから素早く答えを手に入れたいと考えています。

検索エンジンはこのような要求に対しても的確にこたえようと進化しており、最近ではゼロクリックリサーチというサイトへアクセスせずに問題を解決するユーザーも増えています。

これからも検索エンジンはユーザーの検索行動の変化とともに進化を続けていくため、サイト作りもユーザーの検索行動の変化に合わせて進化させていく必要があります。今後検索エンジンはユーザーの検索意図をくみ取って、ユーザーが知りたい情報を表示させるように変化させていくと考えられています。検索キーワードに一致するページだけでなく、検索キーワードと関連していてユーザーの検索意図とマッチしていると判断した情報が表示されるようになります。

つまり、自社でWebサイトを制作しSEO対策する際も同じ努力が必要になります。ここからは新しいSEO対策のカタチについて詳しく紹介いたします。

>> SEOに強いWebサイト構造【トピッククラスターとピラーコンテンツ】の続きを読む

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]