11/26 無料開催|コンテンツマーケティングの成功に欠かせないリード管理術

2019年末から徐々に拡大し、世界経済を襲った新型コロナウイルス。このような状況で倒産や大幅な下方修正を避けられた企業が存在しています。それらの企業は対策として「Webマーケティング」を取り入れています。店舗集客や訪問営業・テレアポができない状況で、Webマーケティングを取り入れ、業績維持や業績向上に成功しています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

今まで主流だったマーケティング手法といえば、マス広告にCMを流し認知促進・ブランドイメージの向上を狙うことがほとんどでした。近年ではインターネット広告がマーケティングのメインとなり、広告費は年々上昇しています。このままいくと、インターネット広告費はどんどん上がり続けるでしょう。

主な媒体別の広告費推移

もしこのまま広告費を払い続けると、費用対効果はどうなるでしょうか。競合企業も同じような広告を出すため、うまく差別化を図らない限り広告費を増やすことでしか逃げ道がなくなってしまいませんか。

「最近広告の成果が上がらなくなってきた」「広告費用を削減したいが、案件の減少が心配」というお悩みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが「【広告費0円ではじめられる】コンテンツマーケティング」です。

コンテンツマーケティングに欠かせないこと

コンテンツマーケティングで重要なことは「どうすれば顧客化するか」です。顧客のニーズに合わせたコンテンツを提供する段階までを実行している企業はたくさん存在しているのですが、そこから先にうまく成功まで進めず、諦めてしまう企業がほとんどです。
重要なのは顧客に行動を促し「リード」を獲得し、育成することです。

さらに、顧客が行動した後の「リード」はどのように管理しますか?
多くの企業では、コンテンツを更新するところでPDCAが止まってしまい、せっかく集めた「リード」をどのように活用するか、までまとまっていません。
「リード」の管理は1度で終わるものではなく、状況に応じて顧客に合わせた情報を送ったり、フォローしたり様々な手順が必要です。
これらをどのように効率的に管理すればよいのでしょうか。

コンテンツマーケティングの成功に欠かせないリード管理術 ウェビナー概要

リード管理を自動化

リード管理はたくさんのステップがあり、顧客に合わせて手法を変化させる必要があるため、手動で管理するとなると莫大な時間と人手が必要です。
実はこのような「リード管理」に最適なツールが存在しています。今回のウェビナーでは「リード管理術」に注目し、便利な自動化ツールについて紹介いたします。

このセミナーで得られる知識

  • コンテンツマーケティングについての役割と効果
  • コンテンツマーケティングからリードを獲得する方法
  • コンテンツマーケティングを成功に導くリード管理術

実際の事例を通して、どのような施策を行い、どのような管理体制でリードを管理していたのかを細かく解説いたします。

自社のコンテンツマーケティングを有効に活用したいとお考えの方は、ぜひご参加くださいませ。

コンテンツマーケティングの成功に欠かせないリード管理術

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]