WebサイトでKGIが重視されない、その理由とは?

重要なはずなのに、Webの世界ではとかく軽視されがちなKGI。どうしてKGIは重視されないのか?その理由と見失わないためのヒントについて考察します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

なぜか存在感の薄いKGI

KGI(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)と、KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)。

どちらが重要な指標であるかは言うまでもありませんが、Googleの検索インデックス数ではKPIに関する記事やリソースの方が圧倒的に多いのが実情です。

  • KGI:約 4,810,000 件
  • KPI:約 34,100,000 件

KPIの方が指標とすべき項目も格段に多く内容も具体的なので、ある意味当然ではあるのですが、特にWebの世界ではKPIの話題ばかりが取り上げられKGIが軽視されているように思われます。

どうしてKGIが重視されないのか?Webが持つ特性もその傾向の一端を担っているようです。

「KPIを計測するツール」としてのWeb

KPIを計測するためのツールとして、実はWebほど適しているものはありません。

かつては集計に時間がかかっていたお問い合わせや資料請求件数も、Webを使えばほぼリアルタイムで集計可能です。

アクセスログ解析をはじめとしたツールやWebソリューションは「KPIを計測する装置」として発展してきた側面もあります。

KPIが手軽に計測できることはベンダー側にしてみれば訴求ポイントですので、結果として(特にマーケティング界隈では)宣伝文句として「KPI」が氾濫する状況となっています。

 

▼続きは下記にてご覧いただけます。
WebサイトでKGIが重視されない、その理由とは?(2/3)
https://getting-better.jp/web-kgi-170621/2/

本稿は、Webに詳しくないWebマスターのためのブログ“Getting Better”
https://getting-better.jp/
に掲載された記事です。
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]