.com でドメイン名を取得することのメリットとデメリット

ランディングページなどマーケティング用ウェブページで .com でドメイン名を取得することのメリットとデメリットについて説明します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Gandi.net ニュースブログからウェブマーケティングに関連する記事を抜粋してご紹介します。

.comドメインの歴史

.comの存在は、ドメインネームシステムの始まりにまでさかのぼり、その歴史はインターネット自体の歴史に織り込まれています。.gov、.edu、.mil、および .org とともに、1984年10月に5つの「カテゴリ」トップレベルドメインの1つとして最初に作成されましたが、商用ドメイン用として1985年1月に正式に実装されました。

インターネットの加速的な成長と、e-、tech-、またはcyber-で始まる、または .com で終わる会社への投機的な投資が相まって、.comの大幅な成長が促進されました。世間的に .com は本質的に急成長する新しいオンライン経済にリンクされました。

1997年までに約100万のドメイン名があり、1999年までに2,000万を超える .comドメインが登録されました。ドットコム投機的バブルがはじけた後も、オンラインビジネスは存続し、.comは存続し、ドメイン間の「汎用」オプションと見なされた、.edu、.gov、.mil、および .orgは「ニッチ」分野のトップレベルドメインとして立場を維持しました。

.comドメイン名のメリット

 

1.広く認知されている

その歴史と一般的な想像力におけるその卓越性を考えると、.com を使用する一番の利点はその認知度です。 「ドットコム」という言葉は、インターネットの本質を呼び起こします。

顧客や知り合いに自社のドメイン名を言わなくても、たいていの人は無意識に .com と一緒に会社名を検索していることでしょう。

2.不可欠性

.com ドメイン名を取得するもう1つの理由は、その必須性です。プライマリドメイン名が .comとは異なるドメインにある場合でも、ドメインポートフォリオには .comが含まれているはずです。

3. SEO対策

国別コードトップレベルドメインのようなより多くの「ローカル」ドメイン名とは対照的に、.comは特定の地理的領域を対象としているドメイン名より、検索エンジンでより良いランキングを得ることがよくあります。

.comドメイン名のデメリット

 

1.飽和状態にある

.com ドメインではたいていの単語やドメイン名として最適な名前が既に登録されている状態です。良いものだけでなく、良いもののスペルミスのドメイン名も登録されています。やや一般的な会社名やアイデアがある場合は、.com が最適なトップレベルドメインではない可能性があります。

2.商業的すぎる

あなたが非営利団体、政府機関、政治団体、活動家グループ、または宗教団体である場合、.com ドメインは商業的すぎる可能性があります。

3.汎用的すぎる

汎用ドメインには多くのメリットがありますが、ドメイン名を通して自分や自社サービスについてもっと説明したいと思うかもしれません。ドメイン名の選択を通じてウェブサイトの種類や属性を説明する方法はたくさんあります。以下のような分類を念頭にトップレベルドメインを考えるとよいかもしれません。

4. .com は主に英語話者向けである

英語が母国語ではない場合や、特にアルファベットを使用しない言語を話す場合、.comは入力が難しいか、母国語でドメイン名を登録できない場合があります。

 

.comの代わりに使用できるトップレベルドメイン (TLD)

新しくウェブサイトやランディングページを作る際に使用すると良いかもしれないTLDは以下です。ぜひ参考にしてみてください。

業界や分野を表すトップレベルドメイン:

流行しているトップレベルドメイン:

====

Gandi.net について

Gandiは20年以上ドメイン名登録、管理サービスを提供しているドメインレジストラで、現在750種類以上のトップレベルドメインを提供しています。No Bullshit (誠実さ、透明性) をモットーに透明性のあるコミュニケーションを心がけサービスを提供し、オープンソースプロジェクトへのサポートや社会貢献プロジェクトの後援も行っています。

Amazon Web Services (AWS) が提供するドメイン名登録サービスのトップレベルドメインを提供するドメインレジストラでもあります。

https://www.gandi.net/ja/about-us 

 

参考リンク:

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイドバー
Webサイトのページ上で、コンテンツエリアとは区別して作られたエリアのこと。ナビ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]